ほとんどのオランダ人は彫像が手付かずのままであることを望みます:調査 (オランダ)


  • 政治
  • ほとんどのオランダ人は彫像が手付かずのままであることを望みます:調査

    オランダの居住者の大多数は、オランダの歴史から海軍の​​人物を描いた像を削除すべきではないと考えています。調査結果は、オランダの歴史上の人物に敬意を表して構築された彫像を削除しても人種差別の問題は解決されないが、彫像やその他のアイコンにもっと多くのコンテキストを与えることは、国内での議論を進める可能性が高いというマークルッテ首相の主張の後に続きます。

    調査した3,800人の約81%が、彫像が維持されていることを支持しており、50歳以上の86%が同意していると述べています。同じ質問をしたとき、若者の大多数(69%)はよりスリムですが重要です。

    歴史上の人物に敬意を表して建てられた彫像や記念碑の遺産をめぐる新鮮な議論が、最近世界中で活発になっています。金曜日に、活動家のグループがロッテルダムのピエットハインとピムフォーチュインの像を汚し、彼らの行動はフォルトゥインの「殉教」と同様に「オランダ植民地主義の美化」を批判することを意図したものであるとFacebookで述べた。

    先週、同様の改ざんや彫像の完全撤去が世界中で報告されており、ウィンストンチャーチルやクリストファーコロンバスなどの人物が注目を集めています。

  • 彫像
  • 植民地主義
  • ピエトハイン


  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です