WHOのチーフは、コロナウイルスの起源の調査において「すべての仮説はまだ開いている」と述べています。 (オーストラリア)


WHOのテドロスアダノムゲブレイエス事務局長は金曜日にブリーフィングで、COVID-19の起源を探る世界保健機関の調査においてすべての仮説がまだ開かれていると語った。

中国でのWHO主導のミッションは今週、ウイルスが実験室から逃げ出したかどうかの問題をさらに調査していないと述べたが、それは非常にありそうもないと考えられていた。

米国は、ミッションの調査結果を検討すると述べた。

続きを読む

「非常にありそうもない」COVID-19が武漢研究所から漏洩したとWHOは言う

「いくつかの仮説が破棄されたかどうかに関して、いくつかの疑問が提起されました。チームの何人かのメンバーと話をしたので、すべての仮説が開いたままであり、さらなる分析と研究が必要であることを確認したい」とテドロス博士は述べた。

「その作業の一部は、この使命の範囲と範囲外にある可能性があります。この使命はすべての答えを見つけることはできないといつも言ってきましたが、COVID-19ウイルスの起源を理解するための重要な情報が追加されました」と彼は言いました。

今週初め、独立した専門家チームを率いて、2019年後半に魚市場で発生が最初に発生した中国の武漢市を1か月近く訪問したピーター・ベン・エンバレク氏は、チームの作業によって新しい情報が明らかになったと述べましたが、発生の彼らの絵を劇的に変えていませんでした。

「元の動物種から武漢市場に至るまでの可能な道は、国境を越えた移動も含む非常に長く複雑な道をたどることができたでしょう」とエンバレク博士は言いました。

続きを読む
テドロス・アダノム・ゲブレイエス博士、世界保健機関の局長。

中国のWHOチーフは「非常に失望」し、専門家チームを

ミッションは、ウイルスがコウモリに由来するという主な仮説があると述べていますが、おそらく最初に別の動物種に感染することによって、ウイルスが人間にどのように伝染するかについていくつかの可能なシナリオがあります。

先月辞任したドナルド・トランプ米大統領の前政権は、ウイルスが中国の武漢市の研究所から逃げ出したのではないかと考えていると語った。

中国はこれを強く否定しており、武漢ウイルス研究所は関連するウイルスを研究していなかったと述べています。

オーストラリアの人々は、他の人々から少なくとも1.5メートル離れていなければなりません。制限の収集に関する管轄区域の制限を確認してください。

風邪やインフルエンザの症状が出ている場合は、家にいて医師に電話して検査を手配するか、コロナウイルス健康情報ホットライン(1800 020 080)に連絡してください。ニュースと情報は63か国語でsbs.com.au/coronavirusから入手できます。

お住まいの州または準州(NSW、ビクトリア、クイーンズランド、西オーストラリア、南オーストラリア、ノーザンテリトリー、ACT、タスマニア)に関連するガイドラインを確認してください。



この記事は外部ニュースサイト( www.sbs.com.au )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です