Tipasa:10の自治体での監禁延長の終了 (アルジェリア)


ティパサのワリ、オマールエルハジムサは、土曜日にウィラヤの10の自治体で午後1時から5時の代わりに午後8時から5時の部分的な監禁への復帰を土曜日に発表しました。

ティパサラジオへの声明で、この決定は「部分的な監禁が翌日の午後1時から翌日の午前5時まで適用された10の自治体の人口の間に記録された意識に従って行われた」と説明したと説明しました。十日 “。

7月10日、ティパサのワリ族は、新しいコロナウイルスのパンデミックの蔓延に対する予防策の強化の一環として、ウィラヤの10の自治体に10日間、午後1時から翌日の午前5時まで部分的に監禁することを決定しました。 。

この措置は、ティパサ、ナドール、アインタゴラエ、コレア、ハッタバ、ムラード、ハジウト、ケミスティ、ブルキカ、ブスマエルの自治体に関係します。



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です