SBSは人権侵害の苦情を受けた後、中国のニュース番組を一時停止 (オーストラリア)



SBSは、チャンネルを取り巻く深刻な人権問題に気付いた後、中国のテレビニュースサービスCGTNとCCTVの放送を一時停止しています。

15分の北京語サービスであるCGTNと30分の英語サービスであるCCTVは、ワールドウォッチ番組の一部としてSBSで放映されています。

World Watchは、オーストラリア人に国際ニュース速報を提供するSBSサービスです。

人権団体SafeguardDefendersは、英国のメディアウォッチドッグが「重大なコンプライアンス違反」のためにCGTNのライセンスを取り消した後、SBSに手紙を書きました。

Safeguard Defendersは、CCTVが2013年から2020年の間に約56人の強制自白を放送したと述べた。

「これらの放送は、強要と拷問の条件下で拘留された囚人の強制的および虚偽の自白の抽出、包装、放映を含んでいた」とセーフガードディフェンダーズはSBSへの手紙の中で述べた。

「これらの犯罪は、起訴、裁判、有罪判決のずっと前に容疑者から抽出された「自白」の放映を含み、多くの場合、被害者は秘密の場所で弁護士に連絡することなく、連絡を取り合って拘留されていた」と手紙は付け加えた。

「これらの「自白」のかなりの数は、中国だけでなく、CCTV-4とCGTNを介して国際的に放送されています。」

SBSは、サービスを確認している間、CGTNとCCTVの両方の放送を一時停止します。

「」SBSは現在検討中の苦情を受けた」と語った。

「深刻な懸念と関連する資料の複雑さを考慮して、これらのサービスの評価を行う間、海外からのCGTNおよびCCTVニュース速報の放送を停止することを決定しました。」

マンダリンと広東語のニュースについては、sbs.com.au / Chineseにアクセスしてください。



この記事は外部ニュースサイト( www.sbs.com.au )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です