フォースオブオペレーションの作戦は中断されずに続けられ、今度は彼は4人の囚人の財産の情報源を求めてクーコに行きました。

組織犯罪または重大犯罪で有罪または非難された個人に対する財産措置に関する特別法の実施の枠組みの中で、OFLは、財産の出所、市民の自己宣言を求める書面による要求を開始しました。

Kukësの居住者であるXhevahir Alijajは、「武器による盗難」の罪で有罪判決を受けました。

Kukësの居住者であるBlendi Axhamiは、「武器による盗難」の罪で有罪判決を受けました。

Kukësの居住者であるZaim Vataは、「暴力による盗難」の罪で有罪判決を受けた。

Kukësの居住者であるBledar Halilajは、「人質の誘拐または拘束」の罪で有罪を宣告した。

これらの個人は、特別法の対象として、すべてのOFLの質問に48時間以内に書面で応答する必要があります。その後、受け取った回答はSPAKに送信され、さらなるアクションが行われます。

OFLは中断のない行動をとっており、犯罪から得られた疑わしい資産に緊急差し押さえを課すため、および特別法の対象となるすべての人に自己申告書を送付するための複雑な行動をとっています。

OFLは、実行するすべての手続き上のイニシアチブとエグゼクティブオペレーションを継続的に一般に通知します。

グループの一員になるために」Balkanweb「クリックするだけ:グループに参加すると、申し込みはすぐに承認されます。
Balkanwebグループ

<!-->