39歳のタクシー運転手、ウルジャンコルジェジャです。首相の前で火をつけて昨日人生を終わらせようとしました。

ジャーナリストのDorjana Bezatが「BalkanWeb」のために提供した防犯カメラ映像からわかるように、39歳の彼は自転車に乗って、彼が議会の大統領から来て首相の中庭の正面から入ってくるときにガソリンのボトルを手に持っています。止まることなく。それから自転車を出て、体にガソリンを注ぎます。警備員はすぐに彼のところに行き、火傷の試みを止めた。

39歳の男性は、警察が運転免許を取り消された後、運転中に酔っていたために深刻な心理的状態にあったことがわかりました。さらに、彼は委員会に不平を言ったが、彼の免許は返されなかったことが明らかにされました。

警察への護衛中、彼は「私はもはやこの状況では生きられない」と述べ、その行為は彼の失業をもたらした免許の取り消しから生じたことを確認した。

グループの一員になるために」Balkanweb「クリックするだけ:グループに参加すると、申し込みはすぐに承認されます。
Balkanwebグループ

<!-->