EUコロナウイルス基金の議論が緊迫した夜の3日目に入る (オランダ)


  • 政治
  • EUコロナウイルス基金の議論が緊迫した夜の3日目に入る

    前日の夜、欧州連合の指導者間の議論が緊張した後、日曜日に巨大なコロナウイルス回復基金の形についての交渉が再開されました。伝えられるところによると、交渉の邪魔をしているのは、フルガルフォー、オーストリア、デンマーク、オランダ、スウェーデンであり、これらもフィンランドの支援を受けています。

    Frugal Fourは、7500億ユーロのファンドの大部分を、グラントではなくローンの比率を高めたいと考えており、各国がこのファンドを利用して経済改革を実施することを提唱しています。放送局RTLニーウズからの報告は、これらの問題について確固たる地位を築いているオランダのマーク・ルッテ首相に語り、フランスの指導者エマニュエル・マクロンにグループとの「熱狂的に」辞任を促した。

    ドイツのメルケル首相も辞任したと報じられたが、日曜日に再び記者団に語り、「善意はたくさんあるが、さまざまな立場もある」と語った。彼女は、指導者たちが日曜日に全会一致の取り決めに達することができるかどうか確信がないと言いました。

    「野心をあきらめることなく妥協する用意がある。誰もが責任を負わなければならない」とマクロンはソーシャルメディアで述べた。彼は、フランスとドイツが「前例のない回復計画」への支持で団結したと述べました。

    ルッテ氏は、改革の要件は進展していると述べたが、まだ何も確定されていない。イタリアのジュゼッペ・コンテ首相は反対したようです。彼はルッテと「非常に難しい」意見の相違があり、それを「衝突」と表現したと彼は言った。

    土曜日の会談の終わりまでに、金曜日のサミット開始時の5,000億ではなく、約4,500億ユーロが助成金として検討されました。 EUのチャールズミシェル大統領は、加盟国が改革を制定しない場合、助成金の拒否を認めるというルッテの提案の一部を採択しました。

    一部では「緊急ブレーキ」と呼ばれ、EU加盟国の27の指導者がどのようにお金が使われるかについて話し合うことができるまで、補助金の配分を凍結する可能性があります。コンテはこのメカニズムを「あまり実用的ではない」と呼びました。

  • 欧州連合
  • COVID-19
  • エマニュエルマクロン
  • ジュゼッペコンテ
  • ドイツ
  • オーストリア
  • スウェーデン


  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です