EUコロナウイルス回収基金について合意。オランダ首相は満足 (オランダ)


  • 政治
  • EUコロナウイルス回収基金について合意。オランダ首相は満足

    欧州連合加盟国の27の指導者は、5日間に及ぶ約90時間の交渉の後、コロナウイルスのパンデミックの影響について欧州経済を支援するための回復基金に関する合意に達しました。 NOSとNU.nlの報告によると、マークルッテ首相は今朝早くに開催された記者会見で「オランダの利益が十分に保護されている包括的で優れたパッケージ」について語り、合意に満足しています。

    復興基金は、7,500億ユーロの補助金とローンで構成されています。交渉に長い時間がかかった理由の1つは、これをどのように分割すべきかについての意見の相違でした。ドイツとフランスは当初5000億ユーロを助成金とすることを望んでいましたが、オランダ、デンマーク、オーストリア、スウェーデン(いわゆる「質素な4つ」)は助成金よりも多くの融資を望んでいました。金額の3900億ユーロは補助金、残りの3600億ユーロはローンになります。

    助成対象国は、オランダの要件の1つである特定の条件を満たし、改革を実施する必要があります。しかし、オランダが望んでいたよりも少ない金額が研究開発に利用できるでしょう。

    ルッテは、回復基金の数か月にわたる交渉の間にしばしば批判され、パンデミックに襲われた国々に対する連帯と共感をほとんど示さなかったとして非難された。オランダの首相は、スペイン、イタリア、ポルトガルなどの企業は、将来の危機を乗り切るために助成金を取得する前に、まず経済を改革することを誓約しなければならないことを常に強調しました。今回の合意は、各国がお金を受け取る前に改革協定について常に説明責任を負うことができることを規定しています。 「最も極端なケースでは、それはそれらの国が十分に行っていない場合、緊急ブレーキを引くことを意味するかもしれない」とルッテは言った。

    ルッテによれば、ヨーロッパとオランダの両方にとって、改革が「打ち消される」ことは非常に重要です。 「それは強い加盟国と強い国内市場を作る。」

    欧州理事会のチャールズ・ミシェル大統領もこの合意に満足している。同氏は記者会見で、「これはかなりの取引であり、強力な取引であり、最も重要なのは、現在ヨーロッパにとって適切な取引である」と語った。

    復興基金は、EUの複数年にわたる予算にリンクされており、現在1兆7400億ユーロに上ります。この予算についても合意が行われた。オランダは、EUの年間拠出金の割引率が高くなり、現在は19.2億ユーロの割引があり、復興基金からの補助金の使用について発言権を持つことができます。

  • EU
  • 景気回復基金
  • 欧州理事会
  • チャールズ・ミシェル
  • 補助金


  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です