Covid-19:アルジェリアは「第三波の影響を受けない」 (アルジェリア)


Salah Lelou教授は火曜日に、アルジェリアでのCovid-19コロナウイルス病の流行の状況について話し、英国の亜種の蔓延にもかかわらずウイルスの病原性が低下したことを説明しました。

「」 現在、私たちに会いに来る患者さんにとって、その兆候はそれほど深刻ではないと感じています。症状は数週間前に見たほど深刻ではありません »、TSAとのインタビューでLelou教授を示しています。

「」 現在流行しているウイルスは毒性が低い可能性があり、除外されていません。そのため、本当に入院が必要な集中治療室に来るケースは多くありません。私たちはなんとか外部でそれらの世話をします。中等度の患者さんが多いので問題ないようです。 「EHUd’Oranの呼吸器科医で部門長のSalahLellouは言った。

|また読む: Covid-19:心配なリバウンドに直面しているアルジェリア

バリアントによる影響が少ない

Salah Lelou教授はまた、アルジェリアに到着してから1か月以上経過した後、英国を含むコロナウイルスの亜種によって引き起こされる影響が少ないことについても話しました。

「」 アルジェリアでは、1か月ちょっと前に亜種がありました。それほど大きな盛り上がりはありませんでした。指数関数的に増加すると思っていたときに、60を少し超えるバリアントのケースがあります。これは私たちには当てはまりません »、Lellou教授は説明します。

「」 さて、バリアント内にバリアントがあるかどうかは、バリアントが非常に多いためわかりません。声が小さいものもあります。イギリス人でさえ、非常に毒性のある変種もあれば、それほど毒性のない変種もあるかもしれません。ですから、私たちは本当に知りません。いずれにせよ、アルジェリアでは、変異体が非常に毒性があるという印象はありません。 »、教授を強調します。

「」 私たちは待ってから、次の数日で物事がどのように進化するかを見るでしょう »、彼は要約します。

アルジェリアは第3の波の影響を受けないことを繰り返し、サラ・ルルー教授は次のように考えています。 4月末、5月上旬までお待ちください。それまでに第3波がなければ、おそらく第3波はないと言えます。 »、教授を考慮します。

「」 現在のデータでは、まだ安全ではありません。しかし今、2週間か1か月で同じ汚染量になるとしたら、この第3の波から安全になり、ウイルスは家庭でも世界のどこでも季節性ウイルスのようになると思います。確かに、循環するウイルスに応じて適応されるブースターワクチンが毎年必要です。コロナウイルスは、H1N1のようなすべてのウイルスと同じようにウイルスになります 彼は予想している。

アルジェリアは昨日、Covid-19の新たに確認された163例と24時間で5人の死亡を記録しました。コロナウイルスの新たな陽性症例の1日あたりの数は、数日間200を下回っています。

「」 それは3つの波である必要はありません。波が2つしかない国もあれば、波が1つしかない国もあり、4番目の波について話している国もあります。パンデミックにはルールはありません »、サラ・レロウ教授は言います。

|また読む :アルジェリア人は国境の再開を要求する



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です