Covid-19:アルジェリアでの7か月間の最初の金曜日の祈り(ビデオ) (アルジェリア)


7か月以上待った後、アルジェリア人は今日、11月6日にモスクで金曜日の祈りを行うことができました。一週間前に発足したアルジェ大モスクは、多くの崇拝者を迎えてきました。テレビチャンネルで放送された画像は、12万人の崇拝者を収容できる巨大な礼拝堂内の社会的距離を尊重していることを示しています。しかし、外側ではそうではありませんでした。

国内の他のモスクは忠実な人々への扉を再び開き、祈りは通常通りに行われました。これは、昨日アルジェリアでCovid-19が発生し、1日600件、2,000人が死亡したことを示しています。 。

Covid-19で最初のアルジェリア人が亡くなってから5日後、コロナウイルスのパンデミックの拡大を食い止めるために、モスクは3月17日に完全に閉鎖されました。 8月15日、アルジェリアは1,000か所以上のモスクを徐々に再開することを決定しましたが、信者はそこで金曜日の祈りを行うことができませんでした。 10月14日、テブーン大統領は11月6日金曜日からモスクを完全に再開することを決定しました。



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です