Covid-19ワクチン接種:アフリカは「無視される」リスクがあるとWHOは言う (アルジェリア)


世界保健機関(WHO)は、アフリカが抗コビッドワクチンへのアクセスを遅らせ、コロナウイルス病に対するワクチン接種が遅れていることを指摘しました。

「」 Covid-19の発症から1年も経たないうちに安全で効果的なワクチンの開発と承認は目覚ましい成果ですが、アフリカは取り残されるリスクがあり、他の地域の国々は二国間協定を結び、価格を押し上げています“、国連機関は1月21日木曜日に発表された声明の中で書いた。

WHOは「ワクチンの買いだめ「豊かな国々によって」試練を長引かせ、アフリカの回復を遅らせるだけです“。

WHOは、世界中のCovid-19に対するワクチン接種キャンペーンの開始以来、低所得国ではわずか25か国であるのに対し、50か国で4,000万回分のワクチンが投与されていると説明しています。

「」 アフリカでは、ギニアがワクチンを提供している唯一の低所得国であり、これまでのところ、ワクチンは25人にしか与えられていません。高所得国であるセイシェルは、全国的な予防接種キャンペーンを開始した大陸で唯一の国です。 “、WHOを強調します。

|また読む: 死、通常のワクチン接種に戻る:Covid-19パンデミックに関する最新情報

国連機関はそれが「 先進国のリスクの低い人々が安全を確保するために、最も脆弱なアフリカ人がワクチンを待つことを余儀なくされることは非常に不公平です “。

アルジェリアを含む多くのアフリカ諸国は、これらの解毒剤を開発した研究所や国に抗コビッドワクチンを注文したと発表しましたが、これらの注文はまだ履行されていません。

アフリカのaunti-Covidワクチンへのアクセスの遅れは、パンデミックがそれまでこの病気の影響を最も受けていなかった大陸に大混乱をもたらし始めたために起こります。しかし、ここ数週間で、パンデミックは急速に広がり、アフリカは世界でCovid-19による死亡率が最も高い大陸になっています。

LCIが引用したアフリカCDCのディレクターであるジョン・ヌケンガソンによると、この率はアフリカで記録された症例の2.5%であり、世界平均の2.2%を上回っています。

南アフリカは依然としてCovid-19の大流行の影響を最も受けている国であり、39,000人以上の死者を含む約140万人の症例があり、続いて463,000人以上の症例と約9,000人の死者がいるモロッコ、19万人以上の症例と約6,000人の死者がいるチュニジア、 160,000件と約9,000人の死亡、エチオピア(132,000件以上、2,000人以上の死亡)、ナイジェリア(約117,000件と1,485人の死亡)、アルジェリアの104,852件と2,854人の死亡。

|また読む: 排他的。反Covidワクチン接種:Senhadji教授は私達にすべてを話します



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です