Covidの対応におけるテナントの保護をめぐって上院の非難 (オランダ)


  • ビジネス
  • Covidの対応におけるテナントの保護をめぐって上院の非難

    オランダ国会の参院は火曜日、内閣府とキングダムリレーションズのカシャオロンレン大臣が2020年に住宅のレンタル料金を凍結することを拒否したとして、オランダでのCovid-19の発生により多くのテナントが金融関係に置かれたことを非難する動議に賛成票を投じました混乱。投票は非難に賛成39票、反対36票となった。

    不満の大部分は党派的な表示であり、非難の申し立ては、大臣のポリシーが今後MPからのほとんどのサポートに頼ることができることを効果的に示します。与党連合は、75議席のうち32議席からなる上院で少数派であり、オランダ語ではEerste Kamerとして知られています。

    動議は、4月に左派野党のGroenLinks、SP、PvdAがCovid-19による7月1日からの賃料引き上げに関するモラトリアムを発行するための取り組みが主導された後に続きます。先週の討論中にモラトリアムは国会議員の幅広い支持を得たが、オロングレン氏は、そのような措置は不要であるとの見方を固くし、代わりに家主が財政問題で深刻な状態にあるテナントを助けるべきだと主張した。

    SPによって表された非難の動きは、大臣の決定に対する反対の最新のショーであり、国会議員が採用する珍しい動きを示しています。 Eerste Kamerによれば、投票は終了し、上院議員39名が動議に賛成し、36名が反対しました。賛成者には、FvD、PVV、GroenLinks、PvdA、PvdD、50Plus、独立派閥のOSFなど、幅広い政治的所属の上院議員が含まれていました。連立政党のVVD、CDA、D66、ChristenUnieがSGPとGroup Ottenに参加し、反対運動を起こしました。

    SP議長のTiny Koxによると、「奇妙な道を歩いている」のは議会ではなく、オロングレン自身であり、議会の過半数によって支持されている運動が可決されることを求めています。 「私たちは上院では古いですが、狂気ではありません。議会は政府とともにそれ自体を理解しなければなりませんが、同じことが逆にもあてはまります」とコックスはNOSに語った。

    公共放送局によると、オロンレン氏は金曜日に内閣とこの問題についてさらに話し合うことが期待されている。

  • 議会
  • 内務大臣と王国関係
  • Groenlinks
  • SP
  • PVV
  • 50Plus
  • 小さなコックス
  • 家賃増


  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です