BMS:いくつかのwilayasの嵐の雨 (アルジェリア)


時々雷雨の形での雨は、金曜日の午後遅くから国の西、中央、東のいくつかのウィラヤに影響を与えるだろう、と国立気象局は特別な気象報告で言います(BMS)。

「オレンジ色」の警戒レベルに置かれたBMSは、雨が最初にサイダ、マスカラ、レリザン、エルバヤドの北、ティアレット、ラグアット、ジェルファ、ティセムシルト、ミシラのウィラヤに影響を与えることを指定しています。今週の金曜日の午後6時から土曜日の午前9時まで、推定量は20〜30 mmで、局所的に40mmに達するかそれを超える可能性があります。これらのウィラヤでは、雷雨の下での突風も予想されます。

その後、雨は、金曜日の午後11時から日曜日の午前8時まで、クレフ、ティパザ、アインデフラ、ブリダ、メデア、アルジェ、ブイラ、ティジオウゾウ、ブメルデス、ボルジブアレリジのウィラヤに影響を与えます。同じ情報源によると、推定量は30〜50 mmの間で振動し、局所的に60 mmに到達するか、それを超えることができ、雷雨の下での突風も予想されると付け加えています。



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です