6月15日からヨーロッパ内の旅行が楽になる:レポート (オランダ)


  • 政治
  • トップストーリー
  • 6月15日からヨーロッパ内の旅行が楽になる:レポート

    オランダ政府は、6月15日から発信される旅行や家族の訪問が許可されるように、ヨーロッパの一部の旅行に関する否定的な旅行勧告のレベルを下げるように設定されています。政府の情報筋は火曜日に地元メディアに伝えました。この動きは、必要な旅行のみを行うという政府の現在の勧告からの脱却を示しており、伝えられるところによると、同じ日に観光の制限を撤廃するためのより広いヨーロッパの取り組みの一部です。

    ヨーロッパ諸国がCovid-19の原因であるSARS-CoV-2ウイルスの蔓延を阻止するために国境を確保し始めてから3か月後に、旅行制限の緩和が予想されます。

    RTL NieuwsとNOSのレポートによると、シェンゲン圏の国々は現在の「コードオレンジ」から、つまり「コードイエロー」への必要な旅行のみを行うことをお勧めします。つまり、国境を越えた観光は行われなくなります。賢明ではないと見なされます。

    ただし、一部の国では、しばらくの間コードオレンジに留まると報告されています。これらには、当面インバウンドツーリズムを厳しく規制することを選択しているデンマーク、および検疫措置が引き続き有効なイギリスが含まれます。欧州以外では、現在の旅行制限は当面効力を持ち続けると情報筋は述べた。

    旅行制限の緩和に関する詳細は、水曜日にマークルッテ首相と保健大臣ヒューゴデジョンジェによって発表される予定です。

  • 観光
  • COVID-19
  • トラベル
  • シェンゲン圏
  • Hugo de Jonge


  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です