2020年から2022年の隔年計画「人身売買に対する100の行動」が提示された (アルゼンチン)


内閣府内閣府の首長、性的搾取と女性、少女、少年の人身売買に反対する国際デー サンティアゴカフィエロ、人身売買および搾取との闘いのための2020年から2022年までの2年間計画「人身売買に対する100の行動」を受け取りました。これは、10月に連邦評議会によって承認されなければなりません。

会議には法務大臣と人権大臣が出席し、 マルセラ・ロサルド;人身売買および搾取との戦い、および被害者の保護と支援のための執行委員会の理事、 グスタボベラ、 そして顧問のキャビネットの頭、 ルチアナ・ティト

2020年から2022年の2年計画の作業は、執行委員会によって事実上開催された臨時のセッションで昨日完了しました。法案26,842の第22条の規定に従い、作業計画は2年ごとに現在法務・人権省が議長を務める連邦評議会に提出されます。

マルセラ・ロサルドは言った 「この計画は、この惨劇に取り組むために、予防、被害者への支援、犯罪ネットワークの迫害、強化と制度の明確化のための具体的な行動を伴うプログラムを開発した多くの人々の献身的な取り組みの結果です。世界” そして私は追加します: 「今年の初めから8月の終わりまでに、人身売買された446人が支援を受けました。人身売買および性的搾取の苦情を受けたライン145は、同時期に1,082件の苦情を受け取りました。同様に、検疫が始まって以来、ラテンアメリカまたはヨーロッパの6か国で仕事やセックスのために搾取され、本国に送還された10人のアルゼンチン人がいます。

2020年から2022年までの2年間の計画は、100を超える予防措置、被害者への支援、犯罪ネットワークの迫害、40以上の国内、国際、州、地方自治体の組織が参加する制度の強化と明確化から成ります。

彼に関しては、実行委員会の局長、 グスタボベラ、 彼は主張した: 「私たちにとって、それは非常に感情的な日です。大臣と内閣の最高責任者と一緒にここにいること、前のステップで連邦評議会を招集すること、それはまもなくこの計画に投票するためのセッションにあり、これはアルゼンチンが反対する国家政策のようになりますそれはすべての生物を横断するので、それはそれを扱います。

LD-CP



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です