コソボとアルバニアには15歳から24歳の若者が最も多く、職場にも学校にもいないため、アルバニアの土地で生産性が向上する見込みは絶望的です。

INSTATは、アルバニアの15歳から24歳の若者の25.5%が2019年には関与していなかったのに対し、同じ年のコソボでは33%の若者がこの状態にあったと報告しています。

地域の他の地域とEUでは、この割合ははるかに低くなっています。

2019年のマケドニア北部では、仕事も学校もしていない若者は18%しかいませんでした。 「怠惰な」若者のカテゴリーは、マケドニアで過去2年間に大幅な減少を経験しました。2017年のマケドニアでは、25%の若者が職場にも学校にもいませんでした。

モンテネグロでは労働も人も持たない若者の割合は17%ですが、セルビアでは15%ですが、EU諸国では2019年にこの指標は10%でした。

西バルカン諸国の若者の労働市場の状況は、高い受動性、高水準の継続的失業、インフォーマルセクターでの雇用、および高度な移住が特徴です。

西バルカン諸国への若者の労働力の参加はヨーロッパの基準に沿って低く、近年はほとんど変わっていません。

2018年には、EUの35%と比較して、15-24歳の人々の雇用率は20%近くに達しました。就職率は少年に比べて少女が特に低かった。

雇用されている若者でさえ、ほとんどが一時契約を結んでいます。新入社員の4人に1人は臨時契約です。

労働市場の需要を満たせない質の悪い教育は、西バルカン6か国の若者の高い失業率の主な原因の1つと考えられています。

/モニター

グループの一員になるために」Balkanweb「クリックするだけ:グループに参加すると、リクエストはすぐに承認されます。
Balkanwebグループ