'非常にありそうもない' COVID-19が武漢研究所から漏洩したとWHOは言う (オーストラリア)


COVID-19の起源を調査する世界保健機関主導のチームの責任者は、コウモリは依然として感染源である可能性が高く、冷凍食品を介したウイルスの感染はさらなる調査が必要な可能性があると述べたが、ラボのリークは除外した。

2019年後半に魚市場で発生が最初に発生した中国の武漢市へのほぼ1か月にわたる訪問で独立した専門家のチームを率いたピーター・ベン・エンバレク氏は、チームの作業は新しい情報を明らかにしたが劇的にはなかったと述べた発生の彼らの絵を変えました。

「元の動物種から武漢市場に至るまでの可能な経路は、国境を越えた移動も含む非常に長く複雑な経路をたどることができたでしょう」とエンバレク博士はほぼ3時間のメディアブリーフィングに語った。

エンバレク博士は、コロナウイルスの起源を特定するための研究はコウモリの自然の貯水池を指していると述べたが、それらが武漢にあった可能性は低い。

研究者たちはまた、ウイルスが最初に考えられていたよりも早く循環していたことを示す可能性のある中国の血液サンプルを探していたと彼は言った。

「2019年12月の状況を理解するために、見逃された可能性のある他のケース、2019年の早い時期のケースについて、非常に詳細で深遠な調査に着手しました」と彼は言いました。

「そして結論として、2019年12月以前の武漢または他の場所でのCOVID-19の症例に関連する可能性のある大規模な発生の証拠は見つかりませんでした。」

続きを読む

コロナウイルスワクチンに関する最も一般的な神話-そしてなぜそれらが真実ではないのか

陰謀説の対象となっている研究室からウイルスが漏洩する可能性は非常に低く、さらなる研究は必要ないとエンバレク博士は述べた。

発生に関する中国の専門家パネルの責任者であるLiangWannianは、最初に検出された症例に「数週間」先行する可能性のあるコロナウイルス感染の証拠があると述べた。

「これは、それが他の地域で循環しており、循環が報告されていないことを除外できないことを示唆している」と彼はブリーフィングに語った。

テアフィッシャー(C)と世界保健機関(WHO)チームの他のメンバーは、COVID-19コロナウイルスの起源を調査し、武漢の閉鎖された華南シーフード卸売市場を訪問します。

WHOチームは、COVID-19の起源を調査するために、武漢への厳重に管理された任務に就いていました。
ゲッティ

凍った動物?

エンバレク博士は、チームが野生動物の飼育を含む冷凍動物製品を販売している市場ベンダーを特定したと述べた。

「したがって、この先導に従い、市場に供給されたサプライチェーンと動物をさらに検討する可能性があります」と彼は言いました。

中国は、ウイルスが冷凍食品によって伝染する可能性があるという考えを推し進め、輸入食品包装でのコロナウイルスの痕跡の発見を繰り返し発表しました。

「これらの寒くて凍った環境で見られる条件でウイルスが生き残ることができることはわかっていますが、ウイルスが人間に感染するかどうかはよくわかりません」と、エンバレク博士はブリーフィングに語った。

続きを読む
コロナウイルスの発生について最初に警告した武漢の内部告発医師である李文亮博士。

武漢のコロナウイルス内部告発者である李文亮の死から1年後の賛辞

チームは1月14日に武漢に到着し、2週間の検疫の後、最初の既知の感染クラスターの場所である華南海産物市場や、コロナウイルス研究に関与している武漢ウイルス研究所などの主要な場所を訪問しました。 。

チームのメンバーは、感染症の専門家であるドミニク・ドワイアー氏が、COVID-19の起源を完全に理解するにはおそらく何年もかかるだろうと述べ、ミッションへの期待を抑えようとしました。

米国は、データとサンプルを共有し、患者、医療スタッフ、研究室の労働者にアクセスを許可することに関して、中国はもっとオープンである必要があると述べた。北京はその後、ワシントンが科学的使命を政治化したと非難した。



この記事は外部ニュースサイト( www.sbs.com.au )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です