韓国で7年間で最長のモンスーンシーズンで数千人が避難し、死者数は26人に増加 (オーストラリア)


韓国では46日間の大雨の後、少なくとも26人が亡くなり、7年で国内最長のモンスーンは洪水、地滑り、避難を引き起こしました。

内務省のデータによると、雨が朝鮮半島の南部を襲ったため、土曜日の時点で5000人近くが避難していた。

10人が行方不明です。

韓国の求礼で大雨により村の地域が浸水
ヨナップ

南全羅道の当局者は、土曜日に半島南端のソムジン川で約100メートルの堤防が崩落し、洪水が発生したと述べ、約1900人が川周辺から約500人を含む避難した。

国の林業庁は、ホリデーアイランド済州島を除くすべての地域で地滑り警告を最高レベルに引き上げました。

金曜、全羅南道谷城村の背後の山から土砂崩れで5軒の家が埋葬され、5人が死亡した。

3人が救出されました。

続きを読む
ゴムボートに乗っている救助隊員は、韓国のカプヨンにある洪水で行方不明者を探しています。

韓国の救急隊員を探す

ソウル市は土曜日の夜にさらに激しい雨が予想されるので、地下室、谷、川に近づかないように人々に警告しました。

韓国で記録上最も長いモンスーンは、2013年に49日間でした。現在の天気予報では、今年のモンスーンはさらに長く続く可能性があると予測されています。

ヨンハプ氏によると、隣国の北朝鮮では、国営メディアの韓国中央放送も、すでに洪水に見舞われた地域でのさらなる大雨について警告している。

韓国、Gokseongの南西部の郡で、前日の地滑りによって荒廃した村の一般的な航空写真

韓国、Gokseongの南西部の郡で、前日の地滑りによって荒廃した村の一般的な航空写真
YNA



この記事は外部ニュースサイト( www.sbs.com.au )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です