青年組織はコロナウイルスの決定に関与したい (オランダ)


  • 政治
  • 青年組織はコロナウイルスの決定に関与したい

    青年組織は、コロナウイルスの危機中およびその後に政府が下す政治的決定に直ちに構造的に関与することを要求しています。彼らによれば、3週間前にマークラッテ首相が若者にコロナウイルス危機の間にオランダがどうあるべきかを考えるよう呼びかけたのは主にPRスタントだったとNOSは報告している。

    「その電話の後、ルッテが無作為に10人の若者をInstagram経由でCatshuisに招待したことは重要だ」とタリサ・ミューズは青年団体の団体に代わってNOSに言った。 「しかし、彼はすべての既存の青年党を除外しました。それは主に中程度の広報であり、実質的ではありませんでした。」

    青年党は、アウトブレイク管理チームの若者たちの専門家チームがコロナウイルスの危機の間に非医学的な問題についてアドバイスを提供することをすぐに望んでいます。そして危機が終わった後も若者は関与し続けるべきです。したがって、彼らは、若い世代の新しい法律の影響を調査する世代別テストの導入を加速することを求めています。彼らはまた、特に地方レベルでの若者の参加にもっとお金が費やされることを望んでいます。

    青年党はCoalition Yに所属し、Comanition Yは昨年、マニフェストを発行し、恒久的な仕事、手頃な価格の住宅、基本的な研究助成金など、若者の将来にとって重要なことに注意を喚起しています。ムテ氏は、ルッテの電話で再び集まるよう促したと放送局に語った。 「通常、一方は生徒の利益のために戦い、もう一方は生徒のために戦います」と彼女は言った。 「私たちは今、立場を脇に置いて、共通の議題を持つ幅広い青少年ロビーを形成しています。」

    連合は火曜日遅くにルッテを訪問するでしょう。 「私たちは写真を撮る機会を求めているわけではありませんが、本当の要件があります」とミューズ氏は語った。 「1.5メートル社会にすぐに関与しない場合は、マリベルドに行く可能性があります。関与しない対策を実施することは期待できないためです。」

  • マーク・ルテ
  • 参加
  • 発生管理チーム
  • タリサ・ミューズ


  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です