長崎、米国の原爆爆破から75年後に世界の核兵器禁止を要求 (オーストラリア)


日本の長崎市は、米国の原爆投下75周年を迎えました。市長や減少する生存者は、核兵器禁止のためにもっと多くのことをするよう彼ら自身を含む世界の指導者に呼びかけています。

午前11時2分、B-29爆撃機のボクスカーが「ファットマン」と呼ばれる4.5トンのプルトニウム爆弾を投下した瞬間、長崎の生存者と他の参加者は1分間沈黙し、7万人以上の死者を称えました。

[1945年8月9日の爆撃は、アメリカが広島に最初の原子爆弾を投下してから3日後に起こりました。これは、世界で初めて14万人を殺した核攻撃です。

8月15日、日本は降伏し、第二次世界大戦は終結しました。

[1945年8月に日本の港町長崎で原爆が爆発した後、巨大な煙柱が18000フィート以上空中に上昇します。
AP

多くの生存者は、放射線に曝されたために癌や他の病気を発症し、差別を受けました。

コロナウイルスのパンデミックのために縮小された長崎平和公園でのイベントで、田上富久市長は平和宣言を読み、近年核保有国が軍縮の取り組みから撤退したことへの懸念を表明しました。

代わりに、彼らは核兵器をより使いやすくするためにアップグレードして小型化していると彼は言った。田上氏は、中距離核軍縮条約を廃止することにより、リスクが高まっているとして米国とロシアを特定した。

田上富久長崎市長が長崎原爆投下75周年記念式典でスピーチ

田上富久長崎市長が長崎原爆投下75周年記念式典でスピーチ
KYDPL共同

「その結果、使用されている核兵器の脅威はますます現実になっている」とタウエ氏は言った。

被爆者や原爆被爆者たちが長崎を悲劇の最後の場所にしようと奮闘し努力したにも関わらず、「核兵器の真の恐怖は世界に十分に伝えられていない」と彼は言った。

続きを読む
長崎の原爆被爆者、75年後の核のない世界のために戦い続ける

長崎の原爆被爆者、75年後の核のない世界のために戦い続ける

彼はまた、日本政府と議員に、核兵器の禁止に関する2017年条約に迅速に署名するよう要請しました。

安倍晋三首相は、日本が双方の立場を取るのではなく、核保有国と非核保有国の架け橋として核の全面禁止を実現するための橋渡しをすることであるとして、条約への署名を繰り返し拒否している。

生存者と平和主義者のグループは、日本は米国と他の核保有国と事実上相反していると言います。

続きを読む
ベイルートで大規模な爆発が発生した後、破損した車両の横を歩く男。

ベイルート爆発は人類史上最大の非核爆風の1つでした

「核兵器国および核の傘下の国々の間で、そのような条約には時期尚早であると主張する声がある。それはそうではない」とタウエ氏は言った。 「核兵器の削減は到来するには遅すぎる」と語った。

東京は核兵器の所有、製造、またはホスティングを放棄しますが、米国の同盟国である日本は5万人の米軍をホストし、米国の核の傘によって保護されています。

爆撃75周年を記念して、長崎の平和公園に平和のメッセージを掲げた数百のランタン。

爆撃75周年を記念して、長崎の平和公園に平和のメッセージを掲げた数百のランタン。
EPA

第二次世界大戦後の安全保障体制は、とりわけ北朝鮮や中国などからの脅威に対処するために自国の軍事力を強化するため、日本が条約に署名するよう求める動きを複雑にしている。

若い世代が核のない世界の確立に向けて努力を続けることを期待して、高齢化する生存者のグループは、物語を伝える緊急性が高まっていることを表明しています。

記念日までの生存者の話し合いを含む多くの平和イベントは、コロナウイルスのためにキャンセルされましたが、一部の生存者は学生や平和主義者グループと協力してオンラインイベントで講演しました。



この記事は外部ニュースサイト( www.sbs.com.au )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です