連立政党間で争いを引き起こしている「完了した生命」法での安楽死の提出 (オランダ)


  • 政治
  • 連立政党間で争いを引き起こしている「完了した生命」法での安楽死の提出

    D66国会議員のPia Dijkstraは、完全な寿命に達したと感じる高齢者が、厳しい条件下で、金曜日に議会に安楽死を求めることを認める立法案を提出しました。論争の的となっている法案の提出は、VVD、CDA、D66、およびChristenUnieの連合にいくらかの争いを引き起こしており、特に2つのキリスト教政党はそれに激しく反対しています。

    ダイクストラは今日よりもはるかに早く法案を提出することを計画したが、コロナウイルス危機と委員会が法律が必要かどうかを最初に調査するという連立合意は、プロセスを遅らせた。 Van Wijngaarde委員会は1月に報告書を提出し、その後、法律にいくつかの調整が加えられました。そして、コロナウイルスの危機が襲った。

    ダイクストラは危機の間に彼女の法案を提出することは「不適切」であると彼女は新聞ADに言った。 「オランダは非常に深刻な危機に直面し、政治家、そしてそれゆえ我々の党にも十分な注意を払う必要があった。」

    立法案では、75歳以上で、人生の終わりを迎え、死にたいという絶え間ない願いを感じ、安楽死を求めることができます。 「人生を終えた高齢者のグループがいます。彼らは言う:私は二度と目が覚めないことを願って毎晩寝ます。厳しい条件下でそのグループの安楽死を可能にしたいのです」とダイクストラADに言った。 「医学的問題の進展により、生物学的人生と伝記的人生の違いが大きくなっているため、問題はますます大きくなっています。」

    クリスチャンパーティーのCDAとChristenUnieは、この法案に強く反対しています。 ChristenUnieのリーダー、Gert-Jan Segersは、ダイクストラが提出したことに憤慨しています。 「高齢者が非常に脆弱であると感じているときに、D66が多くの高齢者の不安を増大させることがわかっている提案を提出しているのは非常に痛いです」とSegers氏はTelegraafに語った。 「コロナが私たちに何かを明確にしたなら、それは本当の注意と良いケアが人間の生活に違いをもたらすことです。」

    CDAの国会議員ハリー・ファン・デル・モーレン氏はテレグラフにこう語った。「CDAに関する限り、完全な終身法はありませんが、孤独の原因に取り組みます。特に、孤独を感じたり、見捨てられたり、失われたりしていると感じた場合、またはケア。」

    ダイクストラはADに、クリスチャン党が法律に抵抗していることを理解していると語ったが、死ぬのを助けることはすべてのクリスチャンにとって問題ではないと付け加えた。彼女自身はプロテスタント、メノニットの家で育ち、数年間神学を学んだと彼女は言った。 「メノナイトでは、あなたが望むものを信じる個人の自由が非常に重要です。私は18歳のときにバプテスマを受け、私は自分の告白を自分で書きました」と彼女は言った。彼女は教会からやや離れた。 「しかし、私はガート・ジャン・セガーズの考え方をよく理解している。同時に私は思う:あなたが反対しているからといって、他の人を邪魔する必要はないのですか?」

    D66国会議員によると、この法律が多くの高齢者が自分の命を奪うことへの扉を開くという批評家の恐れは、「何にも基づいていない」ということです。 「それは少人数のグループであり、誰かは少なくとも75歳でなければなりません。さらに、ヴァンウィンガード委員会の結果として、私は専門家の終末カウンセラーと特に議論を交わしています。彼は死ぬことについての希望について人々に話します。彼はそれが可能であるかどうかを評価しませんが、その希望がどこから来ているのか、そして選択肢があるかどうかを調べます。

  • ピアダイクストラ
  • 完成した人生
  • 自殺支援
  • VVD
  • ChristenUnie
  • ハリーファンデルモーレン


  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です