通信会社は、電話、インターネット、ケーブルの計画を1月から20%増やしたいと考えています (アルゼンチン)


年末まで料金が凍結したDNU690の後、Enacomは現在、増加の「上限」の設定を担当しています。エンティティから、彼らはこの上昇を承認しないことを保証し、会社から彼らは新しい提案を提示します。

コロナウイルスの大流行により、通信会社は今年1月から3月の間に20%程度の計画を調整しました。その後、9月の企業によると、さらに10%または15%の引き上げを試みましたが、政府のDNU 690が到着し、12月まで料金が凍結されました。さらに、法令は電気通信を 「本質的な公共サービス」、つまり、彼らは自分たちの裁量で料金を調整することができなくなりますが、公式の許可が必要です。

したがって、National Communications Entity(Enacom)は、増加の上限を設定し、電話会社と1年以上引き上げることに同意する責任があります。 DNUの満了を考慮して、国家幹部は1月から料金を凍結解除することをすでに警告しており、企業はすぐに提案を近づけ始めました。

minutesuno.comは4社を知っていました。 Personal、Fibertel、Cablevisión、Telecentroは、すべての計画を20%から20.9%の間で調整することを計画しています。。これらの会社のカスタマーサービスに電話すると、1月に規定された新しい金額がすでにユーザーに通知されています。

しかし、Enacomのスポークスマンは、1分目に、1月の時点でまだ増加量が解決されていないことを明らかにしました。 彼らは、約20%の増加を承認するためのフリーパスを与えないだろうと警告しました

「規制は現在発効しています。増加量はまだ定義されていません。企業は提案を私たちに近づけており、上限が設定され、その上限の下でそれぞれが競争します。その金額、その上限はまだ規定されていません。今週開催します»、Enacomから明らかにされました。

そして彼らはそれを強調しました: «すべての計画で20%を超えることは決してありません。増加は企業によってではなく政府によって決定され、その金額を下回ると企業は競争します。

2019年、通信会社は計画を63.9%増加させました。これは、53.8%を示した一般的な価格インフレを10ポイント上回っています。そして2018年も状況は似ていました。生活費が47.6%に達したときに55.3%を調整しました。つまり、7.7パーセントポイント上昇しました。

これらの恣意的な増加とインフレをはるかに超える状況に直面して、アルベルトフェルナンデス政権は今年、セクターを不可欠な公共サービスとして宣言したDNU 690に介入することを決定し、増加を決定するために国の介入を確立しました。

LR-CP



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です