警察が人権活動家や女性に対して力を行使することをためらっていなかったことは心配です (アルメニア)


法教育教育統制NGOは、警察による逮捕と武力行使を強く非難している。 NGOが発表した声明は、特に次のように述べています。

「警察が女性と人権活動家に対して力を行使することを躊躇しなかったことは特に心配です。

自由の剥奪および法の支配により統治される州での武力の行使のいかなる事例も、正当化され、比例し、かつ差別的ではありません。一方、警察の行動は、RA憲法によって提供される基本的な保証と人権保護さえ守られていないことを示しています。

同時に、アルメニア共和国で公認された外交使節団に、上記の出来事とその間に犯された違反行為に注目したいと思います。

政府のプロパガンダマシンの影響が非常に大きいという事実を考慮に入れて、人権保護と基本的自由の国際原則に照らして状況を評価するために、政府のプロパガンダマシンによって広まった誤った情報に注意を払わないことをお勧めします。

あなたが公言した価値観に従って現在の状況を評価し、特定の個人からそれを排除し、刑事事件が反体制派と反体制派を沈黙させる唯一の手段となったときのアルメニアの状況に対応することが可能です。」



この記事は外部ニュースサイト( news.am )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です