解毒剤による治療にもかかわらず、女の赤ちゃんがサソリの刺傷で死亡した (アルゼンチン)


医療報告によると、対応する治療を受けた後、未成年者は心臓呼吸の代償を被り、そのために彼女は小児病院に紹介され、最終的に死亡した。

事件はコルドバのモンテマイズの町で発生しました

医療報告によると、1歳半の赤ちゃんがコルドバンの町モンテマイズでサソリが刺された結果、心臓呼吸の代償がなくなったために亡くなりました。

モンテマイズにあるホセマリアミネラ市立病院が発表した声明によると、先週の月曜日の早い時間に、少女はサソリを刺して警備員に入った。

彼女はまた、これらの症例に対応する治療を受けた後、心臓呼吸の代償を被り、ベルヴィル市の病院に紹介され、最終的にその場所からコルドバ市の小児病院に移送され、そこで死亡したと付け加えた。火曜日の朝。

保健省は水曜日に、ズーノシスプログラムを通じて、これらの事故が発生するリスクが年間を通じて活発であると主張することにより、有毒なサソリ、クモ、ヘビの咬傷を回避するための一連の勧告を発表しました。

出典:クロニクル

SP-



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です