観光:ミシオネスは縁起の良い非常に長い週末を過ごします (アルゼンチン)


コロナウイルスの大流行によって強制された9か月の休止の後、ミシオネス州は完全に非常に長い週末を経験しています。訪問者が最も求めた場所は、モコナ滝とイグアス滝でした。国民観光の到来(州令2089年の措置)の青信号は大きな期待を生み出した。

モコナ州立公園の責任者であるラモン・ビラルバ氏は、金曜日以降、訪問者数が著しく増加し、金曜日に68人が参加したのに対し、土曜日には230人の参加者が登録され、日曜日には最大500人に達し、割り当てを完了したと述べました。公園が協力している。エルソベルビオの町は、その一部として、美食の場所やホテルを最大限に活用している人々の動きに気づきました。

「それは、占領が予想を超えるであろうカーニバルの後の年の最初の瞬間です」とアルアはマスコミに語った。

観光運動に関する公式データはまだ発表されていません。しかし、ツアーオペレーターは彼らの肯定的な印象についてコメントしました。

一例として、イグアス国立公園が有効になって以来初めて、500人の割り当てを完了したことは言及する価値があります。サルトスデルモコナパークも1日500回の訪問の割り当てに達し、サルトエンカンタードパークは日曜日に350人の訪問者がありました。日曜日に知られているもう1つの情報は、州への収入で実行された綿棒の数です。1人あたり2,000ペソの費用で、最低30回の迅速なテストが観光客に毎日実行されます。観光客のポートフォリオ。

「全国観光の再開は嬉しいですが、日付が非常に近いのですが、この確認により、相談していた観光客が今後数週間、特にクリスマスと新年、夏と一年中イグアス。今週末、私たちは、ブエノスアイレス、コリエンテス、チャコ、サンタフェ、エントレリオスなどの他の州からの宣教師の観光客や訪問者の興味深いレベルの保護区に参加しました」と市観光局(IturEM)のレオポルドルーカスは言いました。

一方、ポサダスには、クラブプールとエルブレテのビーチ(サンルームとして)とミゲルラヌスが暑さを和らげるオプションであった日がありました。

マーティンオリア、 のメンバー バー、レストラン、ホテルおよび関連の宣教師協会 との所有者 コマーシャルコーディネーター、 これまでのところ、この長い週末に、彼は登録したとコメントしました たくさんの動き 特にプエルトイグアスのような都市では、ロッジ、ホステル、3つ星ホテルなどの宿泊施設に関して。

AD-EP



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です