西オーストラリア州は、わずか2か月で3回目の先住民の刑務所での死を記録 (オーストラリア)


西オーストラリア州は、州北部の囚人が自分の命を奪ってから2か月も経たないうちに、3回目の先住民の監護死を記録しました。

当局は、47歳の男性が水曜日にローボーン地方刑務所で彼の独房で死んでいるのが発見されたことを確認しました。

司法省は声明のなかで、「アボリジニの男性は今朝、彼の6人の寮の独房で無意識のうちに刑務官によって発見された」と述べた。

「刑務所の医療スタッフと救急隊員が彼を復活させる努力は失敗に終わった。

「地方警察が刑務所に出席した。疑わしい状況は何もないようである。」

続きを読む

過去2か月以内にワシントン州刑務所で拘留中の2番目の先住民族の死

男の死は調査の対象となり、事件の内部レビューが行われる、と部は言った。

矯正サービス委員のトニー・ハッサルが水曜日にロボーンを訪れ、男の家族に哀悼の意を表した。

「支援は現場で囚人と他の囚人の家族に提供されるでしょう」と部は言った。

「拘留中のこの先住民族の死に対応する際、部はコミュニティの長老たちに文化的助言を求めるでしょう。」

拘留中の最後の死は、民間請負業者のセルコによって運営されているアカシア刑務所にいる19歳の男性が7月の初めに彼自身の命を奪った後である。

40歳の先住民の男性が6月にアカシアで倒壊したのが見つかりました。

法務省の発表によると、2017年7月以降、13人のアボリジニの囚人と29人の非アボリジニの囚人が拘留中に死亡した。

アボリジニの死には3人の自殺があり、1人は殺人、もう1人は当局が原因が自然かどうかを判断できなかった。

残りの8つは自然の原因によるものです。

サポートを求める読者は、13 11 14のライフライン危機サポート、1300 659 467の自殺コールバックサービス、1800 55 1800のキッズヘルプライン(5〜25歳の若者向け)に連絡できます。

詳細については、Beyond Blue.org.auとlifeline.org.auをご覧ください。



この記事は外部ニュースサイト( www.sbs.com.au )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です