裁判所、2011年インドネシアの牛の使用禁止令を無効と決定 (オーストラリア)


連邦労働大臣が2011年に農家が生きた牛をインドネシアに6か月間輸出することを禁止する決定は不合理で無効であると裁判所は判決を下した。

当時の農業大臣のジョー・ルートヴィヒは無謀に行動し、「公職における不正行為」を犯した、スティーブン・レアス裁判官は火曜日に支配した。

ブレット・キャトル・カンパニーが率いる連邦裁判所の集団訴訟は、禁止により彼らは数億ドルを犠牲にしたと主張した。

続きを読む

オーストラリアは批判にもかかわらず、中東への生きた羊の輸出を再開しました

生きた輸出の問題は長年にわたって議論の余地があったが、2011年5月のABCフォーコーナープログラムがインドネシアの施設での動物の扱いが不十分であることを示す映像を放映したときに火山性になった。

裁判官は大臣が禁止命令を下したと述べた。「それが無効であるかもしれないという危険と、それがブレット牛の立場にいる人を引き起こすと計算された損害に」。

キャット・イン・ペン

ファイル写真
AAP

彼は大臣が例外の力なしにそのような命令を下す彼の能力とそれが生み出すであろう怪我に無謀に無関心であると満足しました。

「そのような完全な禁止は気まぐれで無理であり、禁止令を無効にした」と裁判官は言った。

「私は、大臣が合法的に行動した場合、例外的な権限を含む2011年6月9日または10日に規制命令を下し、長老とサントリはその下でインドネシアに輸出するための承認を得ることができたことを発見しました。ディレイ。”

彼は大臣に命令し、連邦は訴訟の法的費用を支払う、ブレット牛は相当な損害賠償を受ける権利があると指摘した。

当事者は、集団訴訟のメンバーに対する補償を決定するために、後日法廷に戻る必要があります。



この記事は外部ニュースサイト( www.sbs.com.au )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です