若い男性の5分の1は、レイプの「いいえ」緩和状況の欠如を見つけます (オランダ)


  • 犯罪
  • トップストーリー
  • 若い男性の5分の1は、レイプの「いいえ」緩和状況の欠如を見つけます

    I&O Researchがアムネスティインターナショナルに代わって2千人以上のオランダ人を対象に行った調査によると、オランダの若者の5分の1は、「ノー」の欠如がレイプの状況を緩和していると考えています。オランダの人口の84%以上が、レイプを緩和する状況はないと考えています。

    この調査は、Ferdinand Grapperhausの正義と安全保障大臣によってなされた立法提案によって促されました。現在の法律では、暴力や強制が立証できる場合にのみレイプを行うと見なされています。しかし、被害者が抵抗することは時々可能であるので、彼らは恐怖で凍りついたり麻薬をまとったりしたので、大臣は「意志に反するセックス」をオランダの法律の新しい罰則違反にしたいと考えています。

    回答者の4分の3は、武力や暴力がなくても、相互の同意なしのセックスもレイプであると述べました。オランダの女性の5分の1は、自分の体への望ましくない浸透を経験しています。ほぼすべての回答者は、被害者が恐怖で凍りついたり酔っている場合、セックスはレイプであると述べています。

    男性の11%は、被害者が明示的にセックスに反対しない場合、状況を緩和することを検討する必要があると述べています。 16歳から35歳の男性では、20%がそれを考えています。

    アムネスティは、意志に反するセックスは別の犯罪とすべきではないと考え、グラッパーハウスに彼の法案を再考するよう要求する。 「意志に反する性は常にレイプとして扱われなければならない。新たな犯罪はないはずだ。レイプ犯罪は調整されなければならない」と組織のマーティン・ゴーマンはNOSに言った。

    強姦について話すことが被害者にとってより簡単になるように何かがまた行われなければならない、とゴーマンは言った。 「これを経験した女性の半分はそれについて誰にも話さなかった」と彼女は言った。これは主に人々の反応によるものです。 「信じられない、誰かが抵抗しなかった理由についての質問。それは実際に彼らを再び傷つけます。」

  • レイプ
  • フェルディナンドグラッパーハウス
  • アムネスティ・インターナショナル


  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です