自閉症の10代の少年がビクトリア朝の茂みで2泊行方不明になった後、安全だと判明 (オーストラリア)


非言語的自閉症の14歳の少年が、ビクトリア朝の茂みで2日近く亡くなった後、生きていることが判明しました。

警察は、月曜日の午後の失望の山頂での家族のブッシュウォーク中に行方不明になったウィリアム・キャラガンを探し出そうとしたトーマス・ザ・タンク・エンジンを非難していました。

ビクトリア警察によると、彼は午後1時少し前にMt Disappointmentでボランティアに発見され、家族と再会しました。

彼は、母親のペニーキャラハンがメディアに向けてウィリアムは「非常に弾力的」であると語った直後に見つかりましたが、キャンプに行ったことはなく、ブッシュだけで2泊しました。

「彼は最も素晴らしい笑顔を持っています、そしてただ美しい、美しい人です」と彼女は涙を抑えながら言った。

「私は祈りのタイプではありませんが、彼を家に帰らせたいので、今祈っています。」

彼女は水曜日に彼に彼の好きな御馳走、チックタックスを与えることを望んで最悪のことを考えることを拒否していたと彼女は言った。

「もう一晩彼を出してほしくない」と彼女のパートナーであるネイサン・エザードの支持を得て彼女は言った。

ウィリアムが別の家族に先んじて別れたとき、カラガン氏は一緒ではなかった。

警察は水曜日にブッシュからウィリアムを引き抜くための新しいツールを試していました-3人の大声でスピーカーが彼のお気に入りの曲、トーマスザタンクエンジンを演奏しています。

SESの職員は、2020年6月9日火曜日、ビクトリアのマウントディサポインメントで見られます。
AAP

ネイビーブルーのパーカーとトラックパンツを着ていたウィリアムは、森が茂ったブッシュランドで2泊しました。

彼が行方不明になった後、過去2晩で気温がほぼ氷点下に急降下し、火曜日の夜、頂上は5℃暖かくなりました。

徒歩と馬に乗って500人以上が捜索に関与し、犬の隊とヘリコプターも彼を見つけようとしました。

警察はその地域の住民にベランダに水とベジマイトのような食べ物を置き、トーマス・ザ・タンクを演じるように求めていました。



この記事は外部ニュースサイト( www.sbs.com.au )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です