米国国防総省エスパーはロシアの賞金について説明を受けました (アフガニスタン)


エスパー米国防長官は木曜日、アフガニスタンのタリバンへのロシアの支払いに関する情報について説明を受けたことを確認し、武装勢力に対するロシアの支持はトランプが主張した「デマ」ではないと明らかに認めた。

国防総省の責任者はまた、「報奨金」の支払いの結果として米軍が殺害されたという主張を裏付ける情報を見たことがないことを明らかにした。

CNNの報告によると、米国国防長官は当初、「報奨金」という言葉を含むブリーフィングを思い出さなかったと議員に話しましたが、1時間以内に、パネルの民主党員から圧力を受けたときにその答えを明らかにしました。

その時、エスパーはターナーの質問への彼の応答が彼が受け取ったどんな説明にも今までに「賞金」という言葉が含まれていたかどうかに対処するように仕立てられた、そして彼は政治化を避けるためにその時それ以上詳細を述べることを控えたと説明した問題は、CNNの報告書は述べています。

CNNの報告によれば、彼は2月のタリバンへのロシアの支払いに関する情報を見たが、当時の最初の報告は信用できるとは考えていなかったと付け加えた。

一方、合衆国首席補佐官のマークミルリー議長は、これまでのところ情報は国防情報局によって裏付けられていないと語ったが、国防総省がそれが真実であるかどうかを調べると誓った。

「そして、それが真実であれば、私たちは行動を起こします」と、Milleyは言いました。

ニューヨークタイムズ紙は今月、アフガニスタンで米国主導の連合軍を殺すためにロシアの部隊がタリバンに関連する過激派に報奨金を提供していたと報告しました。

ロシアのTass通信社によると、7月5日、ロシアのアフガニスタン特使ザミールカブロフは報告を拒否し、代わりにアフガニスタンの米国人情報機関による麻薬密売を非難した。



この記事は外部ニュースサイト( tolonews.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です