第二次世界大戦の生存者、オランダ政府に児童難民の受け入れを要請 (オランダ)


  • 政治
  • 第二次世界大戦の生存者、オランダ政府に児童難民の受け入れを要請

    第二次世界大戦の子供たちとして潜伏しなければならなかった12人のオランダ人は議会に手紙を書き、オランダにギリシャの難民キャンプから子供たちを連れて行くよう呼びかけました。 NOSの報告によると、オランダ議会の下院であるトゥイーデカマー氏が、これらの子供たちの何人かを保護するかどうかについて投票します。

    「私たち自身は、かつて完全に見知らぬ人によって子供として救われました。私たちは第二次世界大戦中にユダヤ人またはシンティの子供として迫害され、身を隠さなければなりませんでした。彼ら自身が大きな危険にさらされていた時」と第二次世界大戦の生存者は書いた。署名者の中には、社会主義のエイブラム・デ・スワーン、作家チャジャ・ポラック、ジャーナリストのハネケ・グレンテマンがいます。

    「オランダは現在、危険にさらされておらず、例えば、500人を連れてギリシャのキャンプで立ち往生している同伴者のいない難民の子供たちを助けるために犠牲にする必要はない」と第二次世界大戦の生存者たちは書いた。 「この国に必要なのは、思いやりとごく普通の人間の慈悲だけです。」それでも、「オランダはこれまでのところ責任を負うことを拒否しており、一人の子供を認める用意はありません。」

    署名者は、複数のオランダの自治体がこれらの子供たちを保護する意思を示していること、および多くのヨーロッパ諸国がすでにギリシャの難民キャンプから子供たちを救出したことを指摘した。彼らは国会議員と政府にこの同じ慈悲と思いやりを示すよう求めた。

  • 第二次世界大戦
  • アブラム・ド・スワーン
  • ハネケ・グレンテマン
  • 難民キャンプ
  • 亡命希望者


  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です