第二次世界大戦の日記はナチスによって隠された宝物の秘密を明らかにすることができます (アルメニア)


FOX Newsの報道によると、ナチスによって隠された数十億ドル相当の宝物の場所を示す可能性がある第二次世界大戦の日記が、地図のおかげで前面に出ています。

ポーランドのニュースサイトThe First News(TFN)によれば、ブログはESESの役員であった偽名 “Michaelis”の下で書かれた。その中で彼は、戦争中にナチスが盗んだ芸術作品、遺物、その他の貴重な宝物を隠そうとしたヘンリク・ヒムラーの計画について書いています。この日記によると、ナチスが持ち物を隠した地図は11枚あり、その中にはポーランドのロソコク近くの16世紀の城も含まれています。

金は合計で30トン以上あると推定されています。金はホフベルクと呼ばれる城の下の井戸の底にあると考えられています。 TFNは、金は数十億ユーロの価値があると報告しています。

日記は長年、クイーンズランド州のドイツの都市にあるフリーメーソンのロッジに保管されており、そこには日記「ミカエリス」の著者を含むナチの将校が含まれていました。 2019年、ロッジは日記を「第二次世界大戦の謝罪として」シレジア橋基金に渡しましたとTFNは報告しました。

財団を率いるローマン・フルマニャックはTFNに、ロソトク城は日記の11の秘密のうちの最初のものであると信じていると語った。 「クイーンズランド州の人々から受け取ったガイドラインに基づいて、私は宮殿の領域に井戸を見つけたと思います」とフルマニャックは言った。

ポーランドの文化と国家遺産省のスポークスマンであるマグダレナ・トマシェフスカヤ氏は、日記の独創性はまだ確認されていないと述べた。

地図に加えて、日記には、ナチスが不法にアーティファクトを入手し、遺体を井戸に投棄して入り口を爆破した後、目撃者が殺害されたことを示す追加の文書があるとフルマニャック氏は語った。

コフベルク宮殿の所有者が建物を再建する予定です。 TFNは、復旧作業の開始とともに、埋められた井戸を修復する予定であると報告しています。



この記事は外部ニュースサイト( news.am )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です