死、通常に戻る、ワクチン接種:Covid-19パンデミックの最新情報 (アルジェリア)


Covid-19コロナウイルス病のパンデミックは、最初に出現して中国のウーハンで確認されてから1年以上経った今でも、世界中で猛威を振るっています。ジョンズホプキンス大学のデータによると、2021年1月16日現在、世界中で9390万件の陽性症例が公式に記録されています。このパンデミックにより、世界中で200万人以上と10,000人の命が奪われました。

最も被害を受けた国

コロナウイルスの大流行の影響を最も受けている国は米国であり、記録された2,353万件以上の症例のうち392,106人が死亡しています。世界をリードする大国ほど、パンデミックに大きな打撃を受けた国はありません。

2番目に影響を受けた国はブラジルであり、約840万件の汚染事件のうち208,246人が死亡しています。インドは、1,050万件以上の感染から記録された152,093人の死亡で表彰台を完了しました。

ヨーロッパでは、英国が最も影響を受けた国であり、記録された332万件以上の症例のうち87,448人が死亡しています。人的被害は、コロナウイルスの英国の犠牲者が、90,000人を収容できる伝説的なロンドンウェンブリースタジアムをほぼ売り切れてしまうほどです。

欧州連合内では、イタリアが最も人的被害が大きく、352万件の汚染のうち1月16日に81,325人が死亡した。フランスはそれほど遠くありませんが、Covid-19に感染した293万人のうち、70,090人が死亡しました。 1998年のワールドカップの決勝戦を主催した有名なスタッドドフランスを埋めるのに十分なほどそこにあります。

モロッコ、3e アフリカで最も影響を受けた国

アフリカ大陸では、南アフリカが公式に最も影響を受けた国であり、130万件を超える記録された症例のうち36,467人が死亡しています。この国のアフリカではエジプトが続き、154,620件の記録された症例のうち8,473人が死亡しています。モロッコは、457,625件の汚染のうち7,888人が死亡し、アフリカの表彰台を獲得しました。アルジェリアは、公式の数字によると、103,381件の特定された汚染のうち2827人が死亡したことを思い出します。

パンデミックはほぼ1年間激しさを増していますが、パンデミックによって引き起こされた前例のない経済危機と前例のない制限措置に数か月さらされた、地球の正常な状態に戻る可能性についての疑問が高まっています。この期待は、コロナウイルスを予防することになっているワクチンの多くの国での展開によっても強化されています。

|また読む: 抗コビッドワクチン:アルジェリアのチュニジアとの連帯の素晴らしいジェスチャー

通常に戻る:専門家の意見

これに関連して、アメリカの巨人ファイザーと共同でワクチンを開発したドイツの研究所BioNTechの共同創設者であるUgur Sahin教授は、昨年11月に来年の冬までに正常に戻ったと数えました。ワクチンは世界中に展開されている、とBBCは報告しています。

サンフランシスコ大学の疫学教授であるジョージ・ラザフォードは、少なくとも2021年の夏までに、特定の条件が満たされた場合にのみ、正常な状態に戻ることが可能であると推定しました。

「」 ワクチン接種者の割合によって異なります。 40%の人がワクチン接種を受ければ、来年は今マスクを着用します。ワクチン接種を受けた人の60〜70%が最終的になると、8月までに無料になる可能性があります 「彼は昨年12月にABC10とのインタビューで予測しました。

ただし、楽観主義はすべての人に共有されているわけではありません。ハーバード大学の公衆衛生の専門家は1月6日、現在米国で蔓延しているコロナウイルスのより伝染性の高い英国の亜種が、数か月で正常に戻ることを期待して冷え込んだと述べた。ワクチン接種キャンペーンの開始によって引き起こされる。

「」 新しい変種の前は、人々がキャンプや旅行に行くことができる夏の希望がありました。今はよくわかりません ハーバード・ガゼットが引用したハーバード大学の疫学教授、マーク・リプシッチは述べた。リプシッチ教授にとって、英国株」 この問題ははるかに困難になります。これは確かに良いニュースではありません 「、彼はそれを強調して言った」 これは、古いバリアントを制御しようとしてすでに緊張している世界にとっては大きな問題です。 “。

コロナウイルスに対するワクチンを開発したアメリカの研究所ModernaのCEOは、次のように推定しました。 世界は永遠にウイルスと一緒に暮らす必要があります »、Ouest-Franceのレポート。 「」 私たちはこのウイルスと一緒に暮らすつもりだと私たちは考えています 「、予測されたステファンバンセル。

「」 今日対処することが非常に重要な大きな問題は来年の冬です。 2021/2022年の冬に、危険にさらされている人々と高齢者に(ワクチンの)ブースターを与える必要がありますか “、RTLが引用したModernaのCEOにも質問し、この文脈で供給の困難に対して警告しました。 「」 一部の政府が来年9月に目覚め、用量が必要だと言った場合、それ以上の用量は利用できなくなります。 “、彼は警告し、同じ情報源によって引用された。

ワクチン接種:最も先進的な国

それでも、多くの国では、人口全体に複数の種類のワクチンを展開し始めています。現在展開されているワクチンは、アメリカの研究所PfizerとModernaが開発した2つだけでなく、AstraZenecaが開発した英国のワクチン、ロシアが開発したSputnik Vワクチン、またはSinopharmとSinovacが開発した2つの中国のワクチンです。

英国は12月の初めに、Covid-19に対するワクチンの投与を開始した世界で最初の国になりました。この場合はファイザー研究所からです。ロイターは1月10日、それ以来200万人以上がワクチン接種を受けていると報告し、毎日約20万人がワクチン接種を受けていると付け加えた。

米国では、最初のワクチンが12月14日に投与されました。それ以来、2021年1月15日時点でアメリカの人口の3.7%がワクチン接種を受けていたが、配布されたワクチンの60.6%はまだ国内で使用されていないとUSATodayは報告している。

免疫の割合が最も高い米国の州は、ウェストバージニア(7.5%)、アラスカ(6.7%)、サウスダコタ(6.5%)です。同じ情報筋によると、これまでにワクチン接種を受けたのは、カリフォルニア州の人口の2.7%と最も人口の多い2つの州であるテキサス州の4%だけです。

ブルームバーグによると、2021年1月16日現在、世界49か国で3,790万回以上のCovid-19ワクチンが投与されています。英国では住民100人あたり5.5回が注射されています。 、100人の住民あたり9回の投与が米国で注射された、同じソースを指定します。

ブルームバーグはまた、米国で1,300万回、英国で370万回投与されたと報告しています。フランスでは、1月16日に389,000回、つまり住民100人あたり0.9回の投与が行われました。ロシアは、その一部として、150万回の投与(100人の住民あたり1回の投与)を投与しましたが、中国では900万回の投与(100人の住民あたり0.64回の投与)を投与しました。ドイツでは、962,000回の投与、つまり100人の住民あたり1.2回の投与が行われました。

住民の数に関連してワクチン接種の最大の割合はイスラエルにあります。この国は確かにその人口に220万回の投与を行っており、これは100人の住民あたり24回の投与に相当します。しかし、独立した国連の専門家は、パレスチナ人のワクチンへの平等なアクセスを確保するようイスラエルに求めています。

イスラエルは指摘した

「」 イスラエルは、ウェストバンクとガザで占領されているパレスチナ人が利用可能なワクチンに近い将来アクセスできることを保証していません 「今週木曜日、占領されたパレスチナの領土における人権の状況に関する特別報告者であるマイケル・リンクと、健康への権利に関する特別報告者であるトラレン・モフォケンは、国連ニュースによって引用された。

これらの2人の専門家は、パンデミックがここ数か月でこれら2つの占領地を荒廃させたと述べています。 すでに深刻な資金不足のパレスチナの健康システムを破壊した “、 彼らが言う。 「」 道徳的および法的に、今世紀最悪の世界的な健康危機の中で必要なヘルスケアへのこの差別的なアクセスは受け入れられません 「、専門家に言ってください。

2番目の位置は、1月16日にブルームバーグに従って170万回のワクチンを投与したアラブ首長国連邦であり、100人の住民あたり15回の投与に相当します。表彰台はバーレーンによって完成され、100人の住民あたり合計123,000回の投与で8.3回の投与が行われました。



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です