“正しい”。マシャヤン大司教はエルドアンで働いていますか? (アルメニア)


「イラバンク」新聞が執筆。 「昨年12月9日にトルコで大司教が選挙された結果、イスタンブールのアルメニア人コミュニティでは、第85総主教司教サハクマシャヤンがまだ承認されていません。

投票の結果、投票は過半数を獲得しましたが、コミュニティの参加率は低く、コミュニティ全体によって選ばれたという事実を覆していることを思い出してください。知られているように、ボイコットして投票に参加しなかった人もいれば、選挙が不当であることを考慮して、投票箱に白書を投げた人もいました。

「Iravunk」の地元の情報筋によると、2日前に起こったことは、Mashalyanがクリスチャンの欲望を正当化していないことを証明するようになりました。重要なのは、1世紀以上にわたって博物館の地位を築いてきたハギアソフィア大聖堂は、トルコ当局が長い間それをモスクにしたいと望んでいたことです。

地元の情報筋によると、トルコでのプレゼンスを確保している大司教Mashalyanは、地元のアルメニア人コミュニティが美術館をモスクに変えることに賛成しているという噂を広め始めました。 「トルコ当局を喜ばせる別の試みでなければ、これは何ですか?」前者をさまざまな場面で非難し、私たち自身の決定を下すために変更を加えた場合、実際には再び間違っていました。それが起こったら、私たちは抗議して声を上げます。「党の書記長タリク・アル・ハシミは言った。

もっと 詳細: 新聞 今日の



この記事は外部ニュースサイト( news.am )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です