検疫年に、ミシオネスは交通事故で50%少ない死亡を記録し、全国ランキングでいくつかの位置を落としました (アルゼンチン)


データは、の年次報告の後に現れました NGO「Let’sFightforLife」 彼は2020年に彼らが死んだことに気づきました 158人 2019年の間に数字が数えられている間、宣教師のルートで 299人の犠牲者。

ミシオネスでの致命的な事故の減少に関するデータは、励みになりますが、昨年の事実にリンクされています 検疫の実施により、州のルートを通る人々の通過は大幅に減少しました 義務的です。

しかし、ミシオネスはかつてNGOの全国ランキングで圧倒的な地位を占めていました。 「命のために戦おう」、 被害者が最も多い州の中で5位にランクされていたレポート。さて、 ミッションが占める 10位、 1668人の死者でリストの先頭に立つブエノスアイレスです。

検疫の年に、ミシオネスは交通事故で50%少ない死亡を記録し、全国ランキングでいくつかの位置を落としました

道路安全の宣教師であるルイス・ディ・ファルコは、フェイスブックに次のように書いています。Fight forLifeとMissionsの関係者のデータがほぼ同じになるのは初めてです。私たちミシオネスには148人の犠牲者(ミシオネス警察)がいて、彼ら(命をかけて戦おう)は156人の犠牲者です。 「その間のパンデミック」「FightforLifeの統計で犠牲者の数が5位になるのをやめました」。

彼はさらにそれを付け加えた 「私たちは文化的な観点から多くのことを行い、制御システムを改善し、また私たちが持っている統計指標を改善および低下させるために多くの点で革新する必要があります。私たちの現実を変え続けるためには、多くの人々からのより多くのコミットメントと多くの取り組みが必要です。」

DL-EP



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です