検疫効果:Indecは実際に価格の4分の1しか測定しません (アルゼンチン)


強制隔離は全国で数ヶ月前に終了し、移動制限がないという事実にもかかわらず、政府機関は消費者物価指数の調査のための従来の方法論を再開することにはほど遠いです。現在、世論調査員は電話またはインターネットでそれを行っています。

毎月のインフレを公表するためにIndecが毎月発行する消費者物価指数(CPI)スプレッドシートには、昨年4月以降、調査価格に適用される方法論に関する追加情報が含まれています。

したがって、民間部門の大部分と同様に、組織は現在、パンデミックによって課せられた新しい働き方、つまりテレワークを経験しているということになります。

これは、その月に流通と商業活動に厳格な制限が課されたため、全国の機関の世論調査員の任務の通常の遂行が行われたためです。すべての州の価格を個人的に調査することを担当して、彼は深刻な影響を受けました。

必需品を除いてすべての経済活動が禁止された月である4月には、価格水準を確認するために実際に街頭に出かけることができず、訪問を電話やオンライン検索に置き換える必要がありました。

この代替モダリティは、その期間に価格の9%のみを直接確認でき、22%を軽減できなかったことを意味しました。厳格な検疫措置の緩和により、訪問はゆっくりと再開されました。

しかし、コロナウイルスによる強制予防隔離(ASPO)が数か月前にほぼ全国で頂点に達したという事実にもかかわらず、1月にIndecの調査員が直接調査したのは、価格の25.8%のみで、12月とほぼ同じ割合(25.7)でした。 %)、ただし、特定の州の一部の都市で制限がまだ適用されていた11月(18%)よりも数ポイント多くなっています。

いずれにせよ、これらは、通常のパンデミック前の方法論を再開するにはまだ非常に遠いパーセンテージであり、サンプルが直接58%カバーされた2020年6月のレベルですらあります。

その月、AMBAでは強力な検疫措置が実施されましたが、国内の多くの地域で活動の制限が緩和され、伝染のレベルがはるかに低くなり、国内の世論調査員の訪問が可能になりました。

この比率は8月、9月、10月に逆転しましたが、11月の時点では、実質的に制限はなく、存在感は増加しましたが、サンプルの4分の1強をカバーするまでになりました。

この点に関して相談を受けたエージェンシーのスポークスパーソンは、「検疫制限が延長されるにつれて、検疫者はその方法がより洗練された」と説明し、他の経路を通じて調査地点との連絡を維持することができた。

彼らはまた、訪問が現在最も頻度の低いモダリティであるという事実にもかかわらず、1月に調査対象の価格のサンプルの98%をカバーすることが可能であったことを強調しました。これは、INDECスプレッドシートに公開されている表によると、電話連絡またはインターネット検索によるものです。 「値下げは今でも一年中毎日行われている」と彼らは強調した。

しかし、情報筋は、マルコ・ラヴァーニャが率いる機関が新しい公式の方法論として混合モダリティを実装するのか、それとも例外的な条件下での代替手順としてのみ遠隔調査を維持するのかを特定できませんでした。彼らは、パンデミックの文脈で、統計研究所の地方局が決定を下していると説明しました。

いずれにせよ、Indecはその方法論を次のように説明しています。「毎月、収集ポイントでおよそ32万の価格が観察されます。調査は毎月の営業日に実施され、さまざまな地域の伝統的なビジネス、スーパーマーケットとハイパーマーケット、サービスプロバイダー、学校、テナント世帯を対象としています。

調査は、選択された各施設または家への調査員の訪問または連絡を通じて直接実施されます。

検疫効果:Indecは実際に価格の4分の1しか測定しません

1月に最も増加した10の食品:

レモン:39.4%

オレンジ:23.1%

メルルーサの切り身:14.4%

サツマイモ:14%

レタス:13.8%

ロースト:11.3%

タマネギ:10.8%

クワドリル:10.3%

パレット:9.3%

粉ミルク:9.1%

出典:Infobae

ZF-CP



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です