検疫が始まった日にバーを開くつもりだった2人の友人の話 (アルゼンチン)


22歳と24歳のオーナーは、ビジネスをファーストフードのテイクアウトに変えました。

最初に車を売ってから、仕事を辞めました。夢のすべて:ヌーニェスにバーを開く。そのプロジェクトは実現する日がありました:3月19日。

しかしその木曜日、アルベルトフェルナンデス大統領は「社会的、予防的、強制的な孤立」を発表した。アイデアはたった14日間続くことでしたが、アルゼンチンは検疫で100に近づいています。

夢は悪夢に変わった。彼らは車を回収することはできず、仕事に戻ることはできませんでしたが、彼らはまた、3月の終わりにコロナウイルスからどの程度隔離されるのかを知りませんでした。

それはルーレットをするようなものでした。夢の主人公であるヤニナとルーカスは、何が来るかわからずに、カレ3デフェブレロ3845にあるバーであるルーレットに進みました。

その3月19日、彼らは就任式を中断した。彼らが夢を生き残るか、試さずにバーを閉じるために再考されなければならないことに彼らが気づくのは間もなくでした。彼らは「持ち帰り」に我慢することを決めた。

22歳のヤニーナと24歳のルーカスは、ソーシャルメディアで友情の物語と夢を共有しました。週末は売り上げが爆発的に増加した。しかし、今週の月曜日はまた始まりました。

ヤニナ氏は次のように語った。「開店できるように、15日前に仕事を辞めました。幸いなことに、現在スタッフは不足していますが、家賃や支出を維持できません。」

「この夢のために16年間集まってきたが、昨年はオープンでなかったために請求がなかったため、国の援助には適用しなかった」と述べた。

ルーカス氏はまた、「これは夢として始まり、車、iPhone、すべてを開くためにすべてを販売したが、今は持続不可能であるこれを配送を通じて維持しようとしている」と付け加えた。

どちらも施設の所有者の助けを借りています:彼らは家賃の支払いを一時停止することに同意しましたが、それらのすべてはある時点で支払う必要がある負債に蓄積されます。若い人たちは、ヌニェス地区の住民に食べ物を味わう機会を与えて、バーを持つという彼らの夢が生まれる前に死なないように頼むだけです。

出典:TN



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です