核実験は、ほぼ「全人口」を暴露しました。フランス領ポリネシアの放射能への影響 (オーストラリア)


フランスは、太平洋でのフランスの核実験中にフランス領ポリネシアがさらされた放射能のレベルを隠蔽し、海外領土のほぼ「全人口」が感染したと火曜日に報告された。

オンライン調査サイトのDiscloseは、群島の核実験に関して国防省によって2013年に機密解除された約2,000ページのフランス軍文書を2年以上分析したと述べた。

英国のモデリングおよびドキュメンテーション会社であるInterprtや、米国のプリンストン大学の科学およびグローバルセキュリティプログラムと連携して機能したとのことです。

1974年7月に実施されたケンタウロスのテストでは、「私たちの計算によると、受け取った線量の科学的再評価に基づいて、約11万人が感染し、当時のポリネシアの人口のほぼ全員が感染した」と述べた。

ムルロア環礁の核実験センター。
シグマ

有毒な雲のモデリングを使用して調査結果を裏付けることで、Discloseはまた、「フランス当局が50年以上にわたってポリネシア人の健康に対する核実験の真の影響を隠してきた」ことも示したと述べた。

調査は、太平洋でのフランスのテストの歴史の中で最も汚染されていると考えられている6つの核実験中に、ガンビエ諸島、トゥレイア、タヒチの住民の放射能線量への甲状腺曝露を再評価することができたと述べた。

「私たちの見積もりは、2006年にフランス原子力委員会が行った見積もりの​​2倍から10倍です」とDisclose氏は述べています。

開示によると、既存のデータの解釈は、フランスの代替エネルギーおよび原子力委員会(CEA)の解釈とは異なっていました。

たとえば、1966年にムルロア環礁で実施されたアルデバランと呼ばれる空中核実験では、CEAの科学者は「地元住民は雨水ではなく川の水だけを飲んだと考えました」。

しかし、調査によると、この群島の多くの住民は雨水を飲んだ。

また、データの調査により、放射性土壌堆積物のCEA推定値が40%以上過小評価されていることが示されたと付け加えました。

このCEA研究は、核実験の犠牲者のファイルを研究するための核実験の犠牲者のための補償委員会(CIVEN)の参照として役立ちました。

調査メディアによると、これまでに補償を受けたのは兵士と請負業者を除く63人のポリネシアの民間人だけでした。



この記事は外部ニュースサイト( www.sbs.com.au )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です