核兵器を禁止する条約は、大国からの署名なしに発効するため、歓迎された (オーストラリア)


核兵器を禁止する国際条約が金曜日に発効しましたが、マイルストーンは世界の主要な核保有国からの署名の欠如によって損なわれています。

参加者が行方不明になったにもかかわらず、この機会は国連や教皇フランシスコからの賞賛によって特徴づけられました。

アントニオ・グテーレス国連事務総長は声明のなかで、「この条約は、核兵器のない世界という目標に向けた重要な一歩であり、核軍縮への多国間アプローチへの支持を強く示している」と述べた。

彼は「20年以上ぶりの多国間核軍縮条約」を称賛し、「すべての国が協力して、共通の安全と集団の安全を推進するというこの野心を実現する」ことを求めた。

国連事務総長アントニオ・グテーレス
国連写真

核兵器禁止条約 核兵器の使用、開発、生産、試験、駐留、備蓄および脅威を禁止しようとしています。

教皇フランシスコは水曜日の彼の一般聴衆の間に条約の制定を予告しました。

「これは、これらの武器を明示的に禁止する最初の法的拘束力のある国際文書であり、その無差別な使用は、短期間に膨大な数の人々に影響を与え、環境に長期的な損害を与えるだろう」と教皇は述べた。

「私は、すべての国とすべての人々が核兵器のない世界に必要な条件を促進するために断固として努力し、人類が今日大いに必要としている平和と多国間協力の進展に貢献することを強く勧めます。」

2021年1月20日:バチカンの編集目的でのみ、バチカン宮殿でベビーベッドを持った毎週の一般聴衆の間の教皇フランシスコ。マーケティングまたは広告キャンペーンの非売品...

2021年1月21日にバチカンで、使徒宮殿でベビーベッドを持った毎週の一般聴衆の間の教皇フランシスコ。
IPAマイルストーン

赤十字国際委員会の会長であるピーター・マウアーは、これらの感情を繰り返した。

「今日は私たちの共通の人類にとっての勝利です。その瞬間をとらえましょう。そして、核兵器のない世界という目標に向けて条約を実行しましょう」と彼は声明で述べた。

10月下旬までに、50か国がこの条約を批准しました。この条約は元々2017年の国連総会で122か国によって採択され、金曜日、つまり50回目の署名から90日で発効することを許可しました。

反核活動家たちは、核計画を非難し、現状の精神に挑戦することによって、世界最大の核保有国の賛同がなくても、条約が象徴的以上のものになることを依然として望んでいる。

核武装国は全部で9つあり、米国とロシアがそのような兵器の90パーセントを保有しています。他は中国、フランス、イギリス、インド、パキスタン、イスラエル、北朝鮮です。

続きを読む
リトルボーイ原爆が投下された直後の1945年、広島

国連は、核兵器の発効を50番目の署名者と禁止する条約

ほとんどの核保有国は、武器は単に抑止力として存在すると主張しており、この条約への署名を拒否した人々は、核兵器の拡散を防止しようとする以前の核不拡散条約に引き続きコミットしていると述べています。

核兵器禁止条約は、2017年のノーベル平和賞を受賞したNGOである核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のイニシアチブによって起草されました。

核兵器の標的となった唯一の国である日本も、世界の核保有国の参加なしにはその有効性が疑わしいと述べ、今のところ条約への署名を拒否している。



この記事は外部ニュースサイト( www.sbs.com.au )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です