日本企業が音声翻訳機能を備えた「スマート」保護マスクを開発 (アルメニア)


日本の会社のドーナツロボティクスは、「スマートな」保護Cマスクマスクを開発しました。 Bluetoothを使用して、単語を録音、翻訳、再編成して9つの言語に変換できます。

Cマスクを使用すると、RBCレポートで、日本語、英語、中国語、フランス語、韓国語、タイ語、スペイン語、ベトナム語、インドネシア語に翻訳できます。

このデバイスは、電話をかけたり、スピーカーでユーザーの声を増やしたりすることもできます。将来的にはマスクにAR機能やVR機能を搭載する予定です。

同社の最高経営責任者(CEO)である小野泰介氏は、「テクノロジーを来世で使用するために長年使用してきた」と語った。

これまでのところ、Donut RoboticsはFundinnoプラットフォームを通じて2800万円(1850万ルーブル)を調達しています。 Cマスクの最初のバッチは9月にリリースされる予定です。



この記事は外部ニュースサイト( news.am )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です