新しいソニービジョンS電気自動車は東京の道路でテストされます (アルメニア)


https://www.youtube.com/watch?v=qiw0sCNP8ck:

Vision-S電気石のプロトタイプがCESで初めて公開されました。次にソニーは、電気自動車を路上でテストするのではなく、単に電気自動車の将来に対するビジョンを示すために作成したと発表しました。ただし、Free Newsポータルによれば、すべてが変わる可能性があります。

同社は最近、Vision-Sを東京に移転したことを発表しました。東京では、従来の都市道路でのテストを開始します。電気自動車には2つのモーターが搭載されており、それぞれ200 kWの容量があるため、わずか4〜8秒で最大時速100 kmの速度に到達できます。 Vision-Sは時速239 kmまでの速度を生み出します。

ソニーが初めて自動車を一般に導入したとき、それは第2層の自動運転システムを搭載していました。これは、車が操縦、加速、ブレーキをかけることができたことを意味しましたが、それは、必要に応じてハンドルを握ることができるドライバーの厳格な監督の下でのみ可能でした。同社の代表は記者団に対し、彼らは電気石の自律性を改善する計画があると語ったが、この問題はまだ優先事項ではありません。

Vision-Sには33のインジケーターが装備されており、オートパイロットの適切な操作やその他の機能を保証します。たとえば、車はキャビン内の乗客を認識し、キャビン内の全員の設定を調整できます。

キャビンには、4つの座席のそれぞれにスピーカーを備えたブランドのSony 360 Reality Audioシステムが装備されています。ホールには、パノラマセンサーディスプレイに基づいた改善されたインターフェイス、「解説」レポートがあります。



この記事は外部ニュースサイト( news.am )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です