数十人のロヒンギャの亡命希望者がマレーシア沖で溺死するのを恐れた (オーストラリア)


沿岸警備隊の関係者は、タイの近くのマレーシア沿岸で難航したとされる少なくとも24人の亡命希望者を乗せたボートから、ロヒンギャ移民が唯一の生存者であると懸念されている。

北部のケダ州とペルリス州の沿岸警備隊の責任者であるモハマドザワウィアブドラ氏は、リゾート島のランカウイ島で泳いだ後、27歳のノーホセイン氏が警察に拘束されたと語った。

「警察からの情報に基づいて、ロヒンギャの不法移民は他に24人の人々がいるボートから飛び降り、安全に岸まで泳ぐことができたのは彼だけだった」とザワウィ氏は語った。

捜索救急活動が開始されたが、別の当局者はAFPに対し、遺体や生存者は見つからなかったと語った。

ボートに何が起こったかは明らかではありません。

続きを読む

死と絶望:インドネシアからの劇的な救助の前にロヒンギャ難民は高潮を説明

イスラム教徒が多数派のマレーシアは、主に仏教徒の故郷であるミャンマーで迫害に直面しているロヒンギャにとって好まれる目的地ですが、当局はここ数カ月、コロナウイルスの恐れを理由に彼らを阻止しようとしています。

3年前にミャンマーで軍の弾圧を逃れた70万人以上のロヒンギャイスラム教徒の多くは、過密状態の難民キャンプをバングラデシュのコックスのバザール地区に残し、マレーシアと隣接するインドネシアに向かう船に乗せようとしました。

ザワウィ氏は、疑わしい地域を捜索するために沿岸警備隊の航空機2隻とボート2隻が配備されたと語った。

マレーシアは、ロヒンギャ船の着陸を阻止するために、コロナウイルスの流行が発生して以来、海上パトロールを強化している。

いくつかは上陸しましたが、多くのボートが引き返され、権利団体からの怒りを引き起こしています。



この記事は外部ニュースサイト( www.sbs.com.au )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です