教皇フランシスは無原罪の聖母の前にエスパーニャ広場で祈った:彼女の外見は驚くべきものだった (アルゼンチン)


バチカンはカトリックの指導者は伝統的な賛辞に出席しないと言っていましたが、夜明けの数分前に教皇フランシスが大雨の中で像の前で祈るためにそこにいました。

教皇フランシスは今朝早くローマ広場エスパーニャに行き、そこで彼は無原罪懐胎に私的な賛辞を払いました。今年の大流行のために、伝統的な多種多様な行為は祝われないからです。

「今朝7時、聖母マリアの無原罪懐胎の厳粛さで、聖父は無原罪のマリアの私的な崇拝の行為のためにエスパーニャ広場に行きました」とバチカンのスポークスマン、マッテオ・ブルーニは報告しました。

「夜明けの最初の光で、雨の中、彼は聖母の像が置かれている柱の基部に白いバラの花束を置き、彼女がローマを愛を込めて見ることができるように、祈りの中で彼女の方を向いた。その住民は、この都市と世界で病気と落胆に苦しむすべての人々に任せるために」と彼は付け加えました。

数人のジャーナリストが撮影した写真では、教皇は、スペイン大使館の前に立っている無原罪の聖母の像の前で祈って、激しい雨から彼を守る黒い傘を持って見ることができます。

数分後、フランシスコはエスパーニャ広場を離れ、サンタマリアラマヨール大聖堂に行きました。そこで彼はまた、雪の聖母(マリアサルスポポリロマーニ)のアイコンの前で祈り、キリスト降誕の礼拝堂でミサを祝いました。 、バチカンに戻る前に、スポークスマンは付け加えた。

バチカンは以前、この12月8日、ローマ人の間で最も人気のある宗教行事の1つであるエスパーニャ広場の無原罪への伝統的な賛辞であるパンデミックのために教皇は出席せず、代わりに「個人的な献身の行為」。

毎年、この行為を祝う間、大勢の人々が教皇の前と広場に集まり、式典に出席しました。

無原罪懐胎の教義は1854年にピウスIXによって宣言され、3年後の1857年12月8日、彼はエスパーニャ広場に隣接するミニャネッリ広場に無原罪懐胎の記念碑を建てました。

この場所は教皇によって賞として選ばれました。なぜなら、ドグマの宣言に対する多くの要求がスペインからバチカンに来たからです。

ピウスXIIは毎年12月8日に像に花を送りましたが、ジョンXXIIIだけが1958年に初めて記念碑を訪れ、聖母マリアの足元に白いバラのバスケットを置いてから、サンタマリアラマヨール大聖堂に向かいました。 。

それ以来、訪問はすべての教皇の伝統となり、祈りの瞬間、メッセージ、黄色と白の花の花輪の配置があり、消防士はその上に建てられた真っ白な女性のイメージの手に残します背の高い柱。

出典:Infobae

VD-CP



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です