抗議者たちは、「逆進的」な提案されたノーザンテリトリーの若者の保釈改革についての調査を求めるように設定されています (オーストラリア)


抗議者たちは、ノーザンテリトリー政府が提案している若者の保釈改革について、「逆進的」であり、先住民の若者に不釣り合いに影響を与えるとの調査を求めています。

水曜日にダーウィンで抗議行動が行われる予定であり、提案された変更は、若者の犯罪を減らすことを目的としており、今週議会に提出される予定です。

それは、先住民コミュニティの指導者とノーザンテリトリー労働党のメンバーがミシェル・ガナー首相に書簡を送り、自国政府にそのアプローチを再考するよう促したためです。

続きを読む

オーストラリアのレッドセンターの子供たちの繁栄を支援するコミュニティ主導の青少年プログラム

政府は、保釈法と青少年司法法を「犯罪を減らし、地域社会を安全に保ち、被害者を最優先する」ように変更することを提案しました。

「重大な保釈違反を犯した場合、保釈は取り消される」とガンナー氏は3月に述べた。

「保釈は特権であり、権利ではありません。保釈中の地域住民はあなたを信頼しており、保釈中は正しいことをしなければなりません。」

保釈の取り消しは、特定の電子監視条件および夜間外出禁止令の違反、法廷への出席の失敗、保釈中の再犯、および青少年の転用の完了の失敗などの重大な違反に対して実施されます。

警察はまた、犯罪を犯したとされる若者を即座に電子的に監視できる状況が増えるでしょう。

ノーザンテリトリー首相のマイケル・ガンナーは、2020年8月18日火曜日にダーウィンで行われた記者会見で記者団と話します。

ノーザンテリトリー首相のマイケル・ガンナーがダーウィンでの記者会見で記者団と話します。
AAP

先住民労働ネットワークのトーマス・メイヤー会長は、SBSニュースに対し、そのメンバーは、そのような強硬なアプローチが先住民の若者に対する人種差別を永続させるだけであることを恐れて、自国政府に改革を放棄するよう促したと語った。

市長は、改革は「後退的」であり、2017年11月に提出されたノーザンテリトリーの子どもの保護と拘留に関する王立委員会の勧告から「後退」すると述べた。

「私たちは、これらの犯罪に対する厳しい措置が機能せず、ここテリトリーには決してないことをすでに知っています。彼らは、長年にわたる人種差別、植民地主義、失敗した政策の影響を完全に無視している」と述べた。

「ケアの反対」

ABCが報告したように、先住民労働ネットワークから政府への手紙は、その計画が王立委員会の勧告と、先住民の再犯と投獄率を減らすことを目的とした先住民司法協定の草案の両方に矛盾することへの懸念を表明しています。

「私たちはまた、政府がアボリジニの子供たちの状況を誤って伝え、彼らに対する人種差別的なコミュニティの態度に貢献する犯罪のレトリックに厳しいことをやめることを強く求めます」とそれは述べています。

市長は、改革は領土内の先住民族の若者に壊滅的な影響を及ぼし、投獄率を高めると述べた。

「これらの政策は、投獄されている若い先住民の数を増加させ、差し戻し中は、彼らが治癒し回復するために必要なサービスにアクセスすることはできません」と彼は言いました。

「つまり、これが行うのは、社会的機能不全と犯罪のサイクルを定着させることだけです。

「これはケアの反対です。」

続きを読む
刑務所のかみそりワイヤー。

「重要な転換点」で過密なノーザンテリトリー刑務所、仮釈放委員会は警告します

オーストラリア厚生研究所からの2月の報告によると、平均的な夜に若者が拘留されている若者の数は、2016年から2020年の間に922人から798人に減少しました。

しかし、同じ期間に、ノーザンテリトリーは平均的な夜に10〜17歳の人々の国内最高の拘留率を維持しました。

昨年のClosingthe Gapリフレッシュの一環として、オーストラリア政府は、2031年までに先住民族の子供たちの拘禁率を30%削減するという目標を設定しました。

改革は、NT警察と警察組合の支援を受けているにもかかわらず、先住民の青年司法、法律、擁護団体とともに人権団体によって広く非難されてきました。

AIHWの報告によると、北オーストラリアのアボリジニ司法庁は、政府の変更は、平均的な夜に投獄される可能性が17倍高い先住民族の子供たちに不釣り合いに影響を与えると述べた。

続きを読む
ドンデール青少年院

NTは、増加を後押しした後、ほぼ1年で刑事責任年齢を10歳から引き上げることができません。

反対運動の主催者でありコミュニティの擁護者であるミリルマ・メイは、提案された改革は直感に反すると述べて同意した。

「私の究極の懸念は、制度化されトラウマを抱えた子供たちの世代が生まれることです」と彼女はSBSニュースに語った。

「子供たちの保釈金を減らすということは、愛する人たちの時間が減り、脳を発達させる時間が減り、屋外に出て育てられる時間が増えることを意味します。」

彼女は、改革は恐怖、人種差別、そして事実上正しくない物語に基づいて開発されたと述べた。

ノーザンテリトリー政府のスポークスパーソンはSBSニュースに、深刻で長期的な変化を起こすために改革が必要であると語った。

「領土政府は、犯罪のサイクルを断ち切ることに投資し、また犯罪の明確な結果を確実にする政策を実施することは私たちの責任であると信じている」と彼らは声明で述べた。

広報担当者は、今週議会に導入される変更は「コミュニティの期待に沿ったもの」であると述べた。



この記事は外部ニュースサイト( www.sbs.com.au )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です