警察による25歳のクロディアン・ラーシャの殺害に対する抗議の6日目が本日ティラナで開催されました。

ジャーナリストのErjonSkëndajは、「News 24」と「Balkanweb」について、今日は被害はなかったと報告していますが、抗議は模範的でした。

抗議者たちは合唱で「Ramaik」、「独裁者と一緒に」、「私たちの少年たちを解放する」と叫びます。最近のように、抗議は暴力的ではありませんでした。

首相官邸の前には警察の非常線が設置されています。しかし、事件は報告されておらず、デモ参加者と警察の間の衝突もありませんでした。

唯一の呼びかけは、孤独な監禁状態にある他の抗議者の釈放を求めるものでした。抗議者たちは主に内務省の近くに滞在しました。デモンストレーションは非常に穏やかで、非常に遅く始まり、平和的な集まりとして一度始まりました。グループ、グループ、10人以下、そしてそこから市民のグループが首相の前で行進するよう呼びかけました。

多くの警察官が内務省のそばに立っていますが、彼らは心配していないようです。私たちはすでに、警察と抗議者の両方から、状況に緊張を感じています。

今日、抗議しているのは、若者やティーンエイジャーだけでなく、さまざまな年齢の人々でした。

(d.xh / Balkanweb)


グループの一員になるために」AOL「クリックするだけ:グループに参加すると、申し込みはすぐに承認されます。
Balkanwebグループ