性暴力:検疫中に全国で92の農薬が発生しました (アルゼンチン)


に関するレポート ジェンダー暴力 犯罪の71%が被害者の家で発生し、殺虫剤の65%が夫婦または元パートナーであったことを詳述しています。一方、112人の少女、少年、青年が母親なしで残された。

コロナウイルスの検疫が4か月以上前に始まって以来、性暴力の事件が増加しており、全国で92の殺虫剤が発生し、112人の少女、少年、青年が母親を失った。

ジェンダー暴力に関する研究のデータ

電話は性暴力を非難します

データは、La Casa del Encuentro Civil Associationの “Adriana Marisel Zambrano” Femicide Observatoryが作成した最新のレポートから得られたもので、犯罪の71%が被害者の家で発生し、殺虫剤の65%は夫婦または元パートナーでした。

さらに、今週の木曜日のデータを含むレポートでは、7人に1人の女性が以前にジェンダー暴力の不満を持っていることが示されました。

犠牲者のほとんどは19歳から51歳の間であり、ブエノスアイレスが最も多い州であり続け、サンタフェとトゥクマンが続いています。

«過去14日間で10の農薬があった。 CABAとAMBAでは、Covidに対する防止策は同じであり、異なる活動の開始が追加されました。しかし、数字は暴力が止まることはなく、また殺虫剤もしないことを示し続けています»、彼らはカサ・デル・エンクエントロから表明しました。

最近のフェミサイドの1つは、サンタフェのレコンキスタ市に住んでいて、少なくとも7人の男性にレイプされた、妊娠2か月の14歳のティーンエイジャー、ロシーオベラでした。

「私たちはすべての声を生かしたままにしたいので、それらは単なる数字ではなく、私たちが毎日さらされているマッチョと家父長的暴力の明確な兆候です」と指摘し、加えました。ジェンダーに基づく暴力に対する第2の国家行動計画。これにより、暴力の状況で予防行動が時間通りに到着し、今度は中長期的に、現在の社会的および文化的パターンが変化します。

出典:Financial Scope

SP-CP



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です