彼には何の病気もなかった。昨日亡くなった徴集兵はロシアに出兵した (アルメニア)


19歳のハチクバグダサリャン、昨日病院で亡くなった徴兵は、アラガソットン地域のアルテンコミュニティ出身で、ロシアから仕えていた。 Arteni村長のGegham Khlghatyanは、これについてNEWS.amに知らせました。

兵士が陸軍に向かう前に病気になっていないかと尋ねると、彼は健康な子供であり、病気はなかったと述べた。

村の首長は死んだ兵士の両親と姉妹がすでにロシアから到着したと述べた。 「家にいたのはカチクだけだった」

以前、8月21日の午後3時頃に、アルメニア共和国の軍事部隊の1人の徴集兵であるKhachik Gaspari Baghdasaryan(2001年生まれ)が意識を失ったと報告しました。徴集兵は国防省の中央臨床軍事病院に運ばれたが、彼の命は救われなかった。

  • アルメニア共和国の軍事ユニットの1つで、徴集兵は意識を失い、後に病院で亡くなりました



この記事は外部ニュースサイト( news.am )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です