強姦、性的暴行に関する法律の厳格化に関する議論を推進している内閣 (オランダ)


  • 政治
  • 強姦、性的暴行に関する法律の厳格化に関する議論を推進している内閣

    アムネスティインターナショナルのキャンペーンを実施した司法および安全保障大臣のフェルドグラッパーハウス氏は、オランダにおける現在のレイプ、性的暴行、および性的虐待に関する法律について、引き続き議論を続けると述べた。アムネスティインターナショナルのために実施された調査により、オランダの若い男性の5分の1は明確な「ノー」の欠如はセックスの同意を得ることと同じであると判断し、オランダの女性の5分の1は望ましくない経験をしたと先月発表した彼らの体への浸透。

    現在のオランダの法律では、暴力や強制が証明された場合にのみ強姦と見なされ、被害者が恐怖で身動きが取れなくなったり麻痺したために抵抗できない場合は、レイプと見なされます。大臣は5月に法案を強化する新しい法案を提出し、政府はこの問題について8月16日まで国民からの助言を受け入れている。

    法務・安全保障省は金曜日に、性的侵害行為が多くの人々に影響を与える重要かつ差し迫った社会問題であり、犠牲者に深刻な結果をもたらすことを認めた。 Grapperhausは、#LetsTalkAboutYesキャンペーンへの返信としてアムネスティインターナショナルに手紙を送り、彼らと、あらゆる形態の不本意なセックスの犯罪化を支持して書いた5,600人に同意したと述べた。

    「アムネスティが道徳法の近代化にこのように取り組んでいることを非常に感謝します。なぜなら性的違反などの重要かつ広範囲にわたる問題は常に注意を払う必要があるからです。これにより、性的暴力の犠牲者をよりよく保護するための私の動機が強化されます。」グラッパーハウスは言った。

    「国境を越えた性的行動はオランダのすべての人々に影響を与える問題であるため、早い段階で新しい法律に関するできるだけ多くの人々の意見を聞くことが重要だと思います。また、刑法は社会規範を大幅に反映しているため、私たちの社会では、人々が反応することが重要です。標準は、性的接触は自発的かつ同等でなければならないということです。法案は社会的現実に正義を行わなければなりません」と語った。

    新しい法案に関する議論は、9月に始まる予定です。

  • レイプ
  • アムネスティ・インターナショナル


  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です