平和は電力共有協定を意味しない:ガーニ (アフガニスタン)


アシュラフガーニ大統領と他の当局者は日曜日、預言者モハマドの孫であるイマームフセインの殉教を記念して、カブール西部で開催されたアシュラ式典に参加しました。

式典でスピーチをしたガーニ首相は、平和は権力を分かち合う政治的取り決めではなく、国内での暴力と流血を終わらせることであるアフガニスタン国民の意志の実現を意味すると述べた。

「平和は政治的合意を分かち合う力を意味しないので、平和を恐れないでください。」ガーニは言った。

ガーニは、誰もが暴力の削減と国の暴力の終焉を望んでいると述べ、敵がどれだけ物事を壊したとしても、アフガニスタン人は立ち直ると述べた。

「人々が共和国を支持しているので、彼らが脅威で彼らの目標を達成していると思う人は、もう一度考えるべきです」とガーニーは言った。

ガーニはまた、共和国はすべてを吸収することができるシステムであると言いました。

集会でガーニ大統領に同行した最初の副大統領アムルラサレは、敵が国のシーア派とスンニ派を分割することに失敗したと述べました。

「シーア派とスンニ派を分離するための努力にもかかわらず、誰も成功することができませんでした。私たちは皆、イスラム教徒と兄弟です」とサレーは言った。

サレー氏はまた、進行中の和平プロセスについては懸念していないとも述べた。

「私たちが近年獲得しているものが失われることはないので、現在の(平和)プロセスについてあまり心配していません」とサレーは付け加えました。

第二副大統領のSarwar Danishはまた、共和国の敵は人々が共和国を彼らの能力の及ぶ限りでは守ることを知っていなければならない、と述べました。

「尊厳のある平和は、共和国のすべての価値観が維持される平和である」とデンマーク語。

デンマークは、タリバン政権の間に「権力の島」が創設されたと述べた。

デンマークはまた、和平プロセスにおいて正直であることをタリバンに要求した。

「私たちはタリバンに和平プロセスにおいて正直であり、アフガン人の間の対話の準備ができるように要請します」とデンマーク語は付け加えました。

一方、カブール西部で行われた別の式典で、モハマドカリムハリリ前副大統領は、アシュラの宗教式典を視察するために開催された集会で発言し、今日は平和のためのもう一つの機会であり、それを逃してはならないと述べた。

ハリーリ首相はまた、彼がハイピースカウンシル(HPC)の議長を務めていたとき、数年前にタリバンとの会談を開始することに同意していたが、当時、「ガーニ大統領と外国人は会談の開始を望んでいない」と述べた。



この記事は外部ニュースサイト( tolonews.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です