大臣が撤退したにもかかわらず、安全保障地域は強制的な検疫を望んでいる (オランダ)


  • 政治
  • トップストーリー
  • 大臣が撤退したにもかかわらず、安全保障地域は強制的な検疫を望んでいる

    オランダの25の治安地域は、コロナウイルス陽性であるか外国でコロナウイルスのホットスポットから戻ってきた誰かと密接に接触した後、人々に検疫を義務付けることができるようにしたい、とナイメーヘン市長で安全保障理事会の議長であるヒューバートブリュルズは述べた。 ADに。

    水曜日に公衆衛生のHugo de Jonge大臣は、オランダ議会の下院である重大なTweede Kamerからの大きな圧力の下で強制検疫の計画を再考すると述べた。彼は最初にアウトブレイク管理チームからアドバイスを得ると彼の計画を延期しました。

    Tweede Kamerが最終的に市長が強制的な検疫を課すことを可能にする立法改正に反対することを決定するならば、ブリュルズは「非常に失望するだろう」と彼はADに言った。そのような義務は公衆衛生法を通じてすでに可能です。 「しかし、検察局と裁判官による手続きは非常に遅い」と25の治安地域評議会の議長は述べた。 「さらに、それは海外の危険地域からオランダに入国する人々に検疫義務を課す可能性を提供しません。これが法律の改正を通じて市長に可能になれば非常に幸いです。」

    「感染症の数は増加しており、人々はより緩やかになっています。介入するために何かをすることができなければなりません」とBrulsは言いました。市長によると、検疫違反に対する罰金やその他の罰則が適切だという。 「私たちは致命的な結果をもたらすウイルスとの戦いの最中です。それは明確なルールを設定する良い動機のように思われます。それらのルールを無視する人は実際に他の人を殺すことができます。」

  • コロナウイルス
  • 強制検疫
  • 安全保障理事会
  • 厚生労働省


  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です